細野恵美の旦那さんと子ども【バレンタイン監督との出会い】錦織圭との関係は?

錦織圭や高梨沙羅など、多くの一流アスリートたちを食事面から支え、そのパフォーマンスを劇的に改善させる「奇跡の管理栄養士」が注目されています。

アスリートにとって日々のトレーニングと同じくらい大事なのが、何をどれくらい食べるのか。

試合やトレーニングによって傷ついた筋肉細胞を再生し、疲労を解消する。

そのうえで、適正な体脂肪率をキープしていくことが必要です。

最近は中高生でも「食トレ」と言われるように、食べることもトレーニングのうちだという認識が広がっています。

もちろん、トップアスリートともなると、栄養学的な知識も必要になりますので、専属の栄養士が必要となるのです。

細野 恵美(ほその えみ)

生まれ 1977年(昭和52年)
年齢 2018年で、41歳
出身地 千葉県千葉市
大学 明海大学
東京健康科学専門学校
職業 管理栄養士・調理師

管理栄養士への道

細野恵美さんは、大学卒業後に大手飲料メーカーに就職し、普通のOL生活をしていました。

そんな細野恵美さんが管理栄養士への道を歩み始めたきっかけになったのは、入社2年目に会長の秘書になったときのことです。

会長が病気になって入院。

そのときに毎日代わり映えのない病院食を見て、もっと彩りがある食事が出来ないものだろうかと考えていたそうです。

会長が亡くなったとき、管理栄養士となって栄養のことを本格的に学ぶことを決意し、25歳で退職。

東京健康科学専門学校へ入学して学び始めます。

 

会長秘書まで務めたということは、期待されていた人材だったのでしょうし、全く異なる社会に飛び込む勇気は素晴らしいですね。

ちなみに、勤務していた飲料メーカーについては公表されていませんが、こんな記事を見つけました。

2002年7月22日 伊藤園会長の本庄正則(ほんじょう・まさのり)氏が死去。

 

本庄 正則

生年月日 1934年(昭和9年)4月25日
出身地 兵庫県神戸市
没年齢 68歳
大学 早稲田大学第一法学部卒業

日産自動車グループの東都日産モーターで自動車セールスマンから、日本ファミリーサービス株式会社経営を経て、伊藤園を設立した創業者です。

お茶は自分でお湯を沸かして淹れるのが当たり前だった時代、「わざわざお金を出して缶入りのお茶を買うやつがどこにいるんだ!」と散々言われていた時代に成功した立身出世の人物です。

亡くなったのが、2002年ですので細野恵美さんが25歳の時のこと。

退職の時期ともぴったり符合しますね。

ただし、あくまでも未確認情報です。

 

管理栄養士とは

栄養士は国家資格で、「栄養士」「管理栄養士」の2種類があります。

栄養士とは

栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者(栄養士法1条1項)とされ、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設において2年以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けます。

 

管理栄養士とは

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導、 特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者(栄養士法1条2項)とされ、管理栄養士国家試験に合格し取得します。

 

似たような資格なのですが、管理栄養士のほうがより専門的で、症状や体質、状況などを考慮した指導や食事管理をします。

ちなみに、管理栄養士の国家試験の合格率は50%をやや下回るくらいとのことです。

 

また、国家資格ではありませんが

スポーツ栄養士

地域におけるスポーツ活動現地や都道府県レベルの競技者育成において、スポーツ栄養の知識を持つ専門家として競技者の栄養・食事に関する自己管理能力を高めるための栄養教育や、食事環境の整備に関する支援等、栄養サポートを行う。

 

細野恵美さんは、管理栄養士として活躍されていますが、スポーツ選手のサポートを数多く手がけているので、スポーツ栄養士ともいえそうですね。

 

バレンタイン監督との出会い

管理栄養士となった細野恵美さんが、アスリートの栄養管理を任されるようになったのは、2005年からでした。

当時、千葉ロッテマリーンズの監督だったボビー・バレンタイン氏と偶然電車に乗り合わせたことから知り合い、猛烈に自分を売り込んだそうです。

「アイ・キャン・サポート・ユア・チーム」

 

なんと、バレンタイン監督の電話番号を聞き出して、20回以上もラブコールを送ったそうです。

熱血漢であり、ジェントルマンのボビーに気に入られたのか、始めはアルバイトのような臨時スタッフとして雇用されました。

千葉ロッテマリーンズの管理栄養士として採用されました。

 

プロ野球選手というとさぞかし栄養管理にも注意を払っているのかと思いきや、当時の千葉ロッテマリーンズの選手は全く無頓着。

分かりやすくいうと

食べたいものを食べたいだけ食べる!

 

そんな選手の意識変革に乗り出した細野恵美さん。

選手食堂の運営会社を変え、コックを変え、1つ1つ変革していきました。

最も難しかったのは、実績のある選手の意識を変えること。

ちゃんと成績を残しているんだ!

何を食べようと俺の勝手だろ!

 

そんな選手たちに対して、選手が好きなものをリサーチして、見た目もよくなるような盛り付け方まで工夫を凝らしました。

そして、始めは聞く耳を持たなかった選手たちが徐々に、食事のことを相談しに話しかけてくれるようになってきました。

 

プライドの高いプロアスリート。

しかし、競技力を伸ばしたいと最も切実に思っているのも選手自身なので、信頼を得れば様々なアドバイスを求めてくるようになったのです。

千葉ロッテマーリンズに在籍していたのは、2005年から2010年の6年間

この間のマーリンズの成績は

2005年 リーグ優勝
日本シリーズ優勝
アジアシリーズ優勝
2006年 リーグ4位
2007年 リーグ2位
2008年 リーグ4位
2009年 リーグ5位
2010年 リーグ3位
日本シリーズ優勝
日韓クラブチャンピオンシップ優勝

6年間で2度の日本一という見事な成績です。

ロッテは、1950年に毎日オリオンズとして球団創設以来、今年で68シーズンで、日本一はわずか4回。

2005年の優勝は、31年ぶりの日本一でしたので、その躍進に細野恵美さんがが大きく貢献したことがうかがわれます。

 

一流アスリート支援へ

細野恵美さんは、その後、千葉ロッテマリーンズから「森永製菓株式会社ウイダートレーニングラボ」に入社し、様々な競技のアスリート支援へと活動を広げていきます。

ウイダートレーニングラボ

東京都港区芝浦1-13-16

 

細野恵美さんは、このラボで「ニュートリション・スペシャリスト」として働いています。

ニュートリションとは、「栄養」のこと。

つまり、「栄養の専門家」 そのままですね。

 

細野恵美さんは、が担当している選手は

浅田真央選手 スケート
高梨沙羅選手 ジャンプ
錦織圭選手 テニス
佐藤真海選手 トライアスロン
清水希容選手 空手

など、トップアスリートたちばかりです、

具体的にはアスリートのために献立を作り、食生活をアドバイスし、自分が同行できない海外遠征は食材を持たせるなどしてサポートしています。

 

ちなみに、ウイダートレーニングラボがサポートしているアスリートは

錦織 圭 テニス
髙梨 沙羅 スキージャンプ
石川 雅規 野球
西岡 良仁 テニス
井手川 直樹 MTB ダウンヒル
山本 尚貴 スーパーGT・スーパーフォーミュラ
朝比奈 綾香 BMX(自転車)
三ヶ島 かな ゴルフ
田村 尚之 ゴルフ
大堀 裕次郎 ゴルフ
堀 琴音 ゴルフ
羽賀 龍之介 柔道
清水 希容 空手
谷 真海 トライアスロン
前田 優輝 空手
大堀 彩 バドミントン
松田 詩野 プロサーファー

チーム団体

全世界空手道連盟新極真会 空手
サントリーサンゴリアス ラグビー
フェンシング日本代表 フェンシング
アルバルク東京 バスケットボール
リンク栃木ブレックス バスケットボール

一流アスリートの食事

細野恵美さんによると、一流のアスリートは、糖質が中心で、低脂肪、ビタミン・ミネラルを摂ることが大事だと言います。

しかし難しいのは、ダイエットもそうですが、毎日が予定通りにはいかないこと。

そこで、細野恵美さんがおススメなのは、

予定通りにいかないときには、1週間単位で帳尻を合わせる

 

1日単位で管理をすると予定通りにいかないことがストレスになってしまう。

1ヵ月単位だと、前半は適当になって後半に猛烈に頑張るという好ましくない状態になってしまう。

1週間単位だと、少しのずれを修正することも可能だし、大きくずれないように気を配ることもできる。

何より、少しずれても大丈夫、もう取り戻せないほどにはずれないという安心感がストレスを軽減します。

何をやるにしても、この考え方は取り入れていいのではないでしょうか?

細野恵美さんの結婚・子ども

細野恵美さんは、2017年に結婚されています。

年齢としては40歳の時ですね。

 

お相手に関してはネット上で全く情報はありません。

きっと素敵なスポーツマンなのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

一時期、担当している錦織選手との関係を噂されたこともありましたが、どうやらガセだったようですね。

また、現在のところお子さんがいるという情報もありません。

アスリートに限らず、健康な生活のために欠かせないバランスのいい食事。

しっかりとした知識を持って、楽しみながら体作りが出来るといいですね。


PAGE TOP