竹内侑加(二子山部屋女将)のプロフィール・馴れ初め・子ども

二子山部屋の美人女将が巷で話題になっています。

二子山部屋は一時期消滅していましたが、今年の4月に復活。

復活されたのが元大関の雅山。

その奥様がこちらの方です。

竹内 侑加(たけうち ゆか)

旧姓 堀江 侑加(ほりえ ゆか)
生まれ 1984年(昭和59年)
年齢 2018年で、34歳
出身地 福岡県
高校 岐阜県立加納高校卒業
大学 岐阜大学大学院卒業

二子山部屋の歴史

二子山部屋といえば、1921年(大正10年)に創設された名門。

土俵の鬼といわれた第45代横綱・若乃花が第10代二子山を襲名し、弟の名大関・貴ノ花を擁して人気を博しました。

さらに、貴ノ花が引退後に独立して藤島部屋を興したのちに、第11代二子山親方を襲名して、藤島部屋と合併。

そして、11代二子山親方の二人の息子、若花田・貴花田が入門したころから若貴ブームとなり、貴乃花、若乃花が横綱となり最盛期を迎えました。

貴乃花が引退した時に一代年寄・貴乃花親方となり、二子山を引き継ぐ際に「貴乃花部屋」と改称し、名門・二子山部屋は消滅しました。

一時消滅していた二子山部屋を、元大関の雅山(二子山親方)が、2018年4月1日に、埼玉県所沢市で復活させたのです。

二子山親方

本名 竹内 雅人(たけうち まさと)
生年月日 1977年(昭和52年)7月28日
年齢 2018年9月現在、41歳
出身地 茨城県
体重 188kg
身長 187cm
血液型 O型
大学 明治大学(中退)

明治大学3年生の時に、東日本学生相撲個人選手権優勝の実績を引っ提げて中退し、大相撲入りをした雅山。

武蔵川部屋に入門し、初土俵から1年後には新入幕。

さらにその1年後には大関昇進というスピード出世でした。

 

実は大関の座は8場所で陥落。

しかし、その後も相撲を取り続けました。

2006年5月場所には自己最高の14勝1敗の成績を残し、白鵬との優勝決定戦に敗れるも、大関再昇進まであとわずかと迫りました。

2013年3月場所に十両に転落し、大きく負け越したことでついに引退。

藤島部屋で二子山親方を襲名しました。

そして、ついに二子山部屋を独立させました。

最高位 西大関
生涯戦歴 654勝582敗68休(88場所)
幕内戦歴 599勝563敗68休(82場所)
優勝 十両優勝2回
幕下優勝2回
殊勲賞2回
敢闘賞5回
技能賞1回

出会いから結婚まで

お二人の出会いは、竹内侑加さんが女子大生だったころのころ。

相撲ファンだった侑加さんが、大関・雅山の武蔵川部屋の稽古を見学に行ったときに、大関が一目ぼれ。

そこから、雅山が猛アタックを開始して、交際がスタートしました。

初めてのデートは、

竹内侑加さんが、卒業を控えて東京の証券会社に内定しており、会社の研修のため東京に行くことを知った雅山が、食事に誘ったということです。

そして、半年ほどで

「俺のところに就職してくれ!」

とプロポーズして、2008年9月に結婚。

見事な速攻でした。

前まわしを取って一気に寄り切ったという感じでしょうか?

 

竹内侑加の子ども

竹内侑加さんと二子山親方は、二人の男子を授かりました。

長男は、雅功君(小学校3年生)

わんぱく相撲もしているようなので、ゆくゆくは力士になるのでしょうか?

次男は、残念ながら2013年に1歳11ヵ月で病気で亡くなっています。

 

親方の年収

相撲部屋の経営はどの程度の年収になるのか興味があり調べてみました。

協会から、相撲部屋を維持していくための手当てが支給されます。

力士養成費 幕下以下の力士1名につき 年間84万円
相撲部屋維持費 所属力士1名につき 年間69万円
稽古場維持費 所属力士1名につき 年間27万円

これは部屋を維持していくための最低限必要な経費です。

力士ですから食費だけでも大変でしょうからね。

なので、これは年収とはいえないでしょう。

この他に、平年寄である二子山親方には、約1200万円の給料が支給されます。

あとはいわゆる谷町といわれるひいき筋から様々な収入があると思われるのですが、その詳細は不明。

非常にざっくりとですが、年収は2000万円程度かな?

復活した二子山部屋から、大関、横綱が生まれるのはいつのでしょうか。

楽しみですね!


PAGE TOP