折茂武彦の美人奥さんと子ども【借金2億4千万円からの再起】バスケットボールのレジェンド

バスケットボール・Bリーグ現役最年長で48歳の折茂武彦選手。

サッカー界のレジェンドが、三浦知良選手ならば、バスケットボール界のレジェンドは折茂武彦選手です。

正確な3Pは日本一と称される名選手で、48歳にして現役を続けながら、40歳の時に現役を続けるために、新しい会社を立ち上げチーム代表を兼任しながら、多額の借金を背負うことになったという異色の選手です。

折茂 武彦(おりも たけひこ)

生年月日 1970年(昭和45年)5月14日
年齢 2018年9月現在、48歳
出身地 埼玉県上尾市
高校 埼玉栄高校
大学 日本大学
身長 190cm
体重 77kg
血液型 A型
ポジション シューティング・ガード
役職 株式会社北海道バスケットボールクラブ代表取締役
一般社団法人北海道総合スポーツクラブ理事長。

所属チーム

1993-2007 トヨタ自動車アルバルク
2007-2011 レラカムイ北海道
2011- レバンガ北海道

折茂武彦の学生時代

プロ選手になるくらいなので、小学生のころからバスケットに励んでいたのかと思ったら、意外にも中学時代は、バレーボール部に所属していたそうです。

きっとバレーボールを続けていたも、全日本クラスの選手になっていたのではないでしょうか。

 

埼玉栄高校でバスケットボールを本格的に始め、高校2年生でインターハイに出場。

高校3年生のインターハイでは、ベスト8に進出する原動力となり、得点王を獲得します。

高校から始めてわずか3年、いや入学から2年5か月で全国の高校生のトップレベルに追いつき追い越してしまったのです。

 

埼玉栄高校から日本大学に進み、1年生の時からスタメンとして活躍。

4年生のときにはインカレで優勝し、折茂選手自身もMVPを獲得しました。

バスケットボールを始めて7年目。

初めての全国制覇でした。

 

社会人~プロ選手

大学卒業後の1993年、日本リーグト1部のトヨタ自動車に入社します。

スーパーリーグへと移行した2001年に念願の初優勝。

その後も、2005年、2006年に連続優勝を果たしています。

2005年はレギュラーシーズンでも勝率1位の完全優勝でした。

 

北海度への移籍と多額の借金

2007年 新設チームである「レラカムイ北海道」へ移籍。

この年で、37歳となる折茂選手でしたが、正確な3ポイントシュートは健在で、圧倒的な存在感を示し、

「ミスターレラカムイ」として圧倒的な人気を誇りました。

 

ところが、2011年。

40歳となった折茂選手に大きな困難が降りかかります。

チーム運営会社であるファンタジア・エンタテインメントが多額の負債を抱えて、チーム再建を模索してしましたが、

虚偽の収支決算報告を提出していたことなどが問題となり、JBLから除名処分を受けてしまいます。

さらに、予定されていた新たな運営会社が東日本大震災の余波を受けて撤退してしまいます。

そして、ついには給料の未払いが起こり、選手が動揺しチームがバラバラになってしまいます。

 

ここで折茂選手は自らが「株式会社北海道バスケットボールクラブ」を設立し、新チーム「レバンガ北海道」を創設することを決意します。

ちなみにチーム名の「レバンガ」は「頑張れ」の逆さ読みだとか。

 

同時に現役続行を表明し、理事長としてチームの代表と選手を兼任するという異例の事態となりました。

それだけでも大変なのに、なんと!

新チーム設立のために2億4千万円もの借金を背負っての船出でした。

 

チーム解体の危機に、「引き受け手がいないならとりあえずやってみよう」と決意した折茂選手。

しかし、チーム運営は資金繰りのために無駄を省いた効率的な経営が必要である反面、選手として勝ちたいがために高年俸の選手を獲得したいという相反する面が折茂選手兼代表を苦しめます。

資金繰りに行き詰まり、個人の預金を取り崩して、選手時代に貯めた数千万円の貯金が底を尽きます。

 

2015年に始まったBリーグの1部への参入が認められて、その盛り上がりによって徐々に経営も好転。

現在では単年度黒字も達成するまでに改善されています。

まだ野球やサッカーのような確たる経済的基盤のないBリーグなので、苦しい台所事情は変わりないようですが、選手と代表の二刀流に悪戦苦闘の毎日のようです。

 

 

選手としても折茂選手は現役を続行し

2016年11月28日、千葉ジェッツ戦で、日本人選手初となる通算9000得点を達成。

2017年11月4日、琉球ゴールデンキングス戦で通算3ポイント成功数1000本を達成。

Bリーグ初年度から全試合出場を今でも継続しています。

 

そして、2018年シーズン。

レバンガ北海道は6月25日、折茂武彦との契約合意を発表し、26シーズン目に突入します。

折茂武彦の結婚・子ども

イケメン選手としても有名な折茂選手。

奥さんの存在も気なるところです。

28歳のときに結婚されていますが、一般人のために詳細な情報はありません。

結婚式の時の写真がこちら。

凄い美人の奥さんですね。

 

お子さんも男の子が1人いることが分かっています。

折茂佑飛くん

現在、19歳で、2018年4月に高校を卒業しているようです。

やはりバスケットをしているのかなどの詳細な情報はありません。

 

日本代表選手としての活躍

社会人1年目から全日本入りを果たした折茂選手。

世界選手権など国際大会二も出場しています。

1997年の広島アジア大会では準優勝。

2002年には代表のキャプテンを務めるなどチームの中心選手として活躍しました。

 

主な代表歴

1994年 アジア大会
1995年 男子アジア選手権
1997年 東アジア大会
1997年 男子アジア選手権
1998年 男子世界選手権
1999年 男子アジア選手権
2002年 アジア大会
2006年 男子世界選手権
2009年 東アジア選手権

 


PAGE TOP