アマナキ・レレイ・マフィ逮捕【ロペティ・ティマニに暴力】奥さん・子ども

スーパーラグビーのメルボルン・レベルズ(オーストラリア)に所属するラグビー日本代表NO8アマナキ・レレイ・マフィ(28)が、ニュージーランドで逮捕されました。

マフィは16日に裁判所に出廷する予定となっているそうです。

チームは14日のハイランダーズ戦で、勝てばスーパーラグビーに参戦して初めてのプレーオフ進出も、37-43で逆転負けを喫して敗退が決まった。

その後、マフィとチームメイトのティマニが口論になった末に暴力をふるったということです。

暴力を振るったとされるマフィも軽傷を負っているようです。

 

大事な試合に負けて、ナーバスになって口論の挙句に暴力をふるったということですね。

まあ、短気な選手だとありがちなことですが、警察沙汰にまでなってしまったということは、どの程度の暴行だったのでしょうか?

 

アマナキ・レレィ・マフィ

生年月日 1990年1月11日_
年齢 2018年7月現在、28歳
出身地 トンガ・トフア
身長 189 cm
体重 112 kg
血液型 O型
大学 花園大学
ポジション ナンバーエイト

トンガ生まれのマフィ選手は、なんと!16人兄弟。

マフィは、15人目の子どもということなのですが、少子化の日本では考えられない大家族ですね。

 

トンガで男の子がやるスポーツといえばラグビー。

マフィ少年も5歳からラグビーを始め、高校2年生までウィングとして活躍していました。

徐々に体が大きくなり、高校3年生からNo8に転向しています。

 

恵まれた体格を駆使して、「フィジカルモンスター」とも呼ばれる規格外の突進力が魅力の選手です。

この逸材をトンガが見逃すわけがなく、U18・U19・U20のトンガ代表に選出され、ゆくゆくはトンガのA代表の中心選手として期待されていました。

 

しかし、花園大学からの勧誘されて、2010年、20歳の時に来日。

花園大学は、関西学生ラグビーBリーグ(2部)というマイナーなチームでしたが、3年生のときに出場した「関西学生南北対抗戦」で大活躍。

一躍、逸材として注目を集めて、大学卒業後にはNTTコミュニケーションズシャイニングアークスへ加入しました。

 

日本代表~南アフリカ戦の快挙

ラグビーの世界では、国籍ではなく、その国に居住し、プレー歴が連続3年以上あれば、国籍を持たない国の代表になることができる。

これは、そもそもラグビーがイギリスで生まれて世界に広がったことから始まります。

イギリスの植民地政策によって世界中にイギリス人が広がり、そこでラグビーを伝えました。

すると、その地域でラグビーをやる選手は当然、イギリス人が中心となるのです。

そのために、ラグビーは国籍主義ではなく、その国で活躍する選手がその国の代表となるべきであるという考え方が根付いたとされています。

 

マフィは、すでに各世代のトンガ代表に選ばれ、大学卒業時にはトンガのA代表入りを打診されていました。

しかし、すっかり日本が気に入り、日本人女性と交際をして結婚まで考えていたマフィは、トンガ代表入りを辞退。

 

2014年11月の日本代表ヨーロッパ遠征で、日本代表に選ばれるのです。

このとき、エディージョーンズ監督は、「ギフト」(神からの授かり物)と表現しました。

 

ところが、遠征から帰国後に、左股関節脱臼を骨折し、全治1年の重症と診断されてしまいます。

せっかく日本代表になったのに、ワールドカップに間に合わない。

「初めてラグビーをやめたいと思った。もう無理と。神様に“何で俺を選んだのか”と言った」

 

そんなとき、エディーが見舞いに訪れてマフィに手渡したものは

「ナキ 9・19 南ア」

そして、代表候補選手全員のサインが入った赤白のジャージー

 

そう、9月19日のワールドカップ初戦となる南アフリカ戦に、お前が必要なんだというメッセージでした。

マフィは、感動し、心を奮い立たせ、死に物狂いでリハビリに励み、ワールドカップに間に合わせたのです。

 

そして迎えた9月19日

もう説明の必要がないでしょう。

途中出場したマフィは、ラストワンプレーで強烈なハンドオフでマークする選手を倒し、南アフリカを撃破するラストパスをカーン・ヘスケスに送ったのです。

日本中が感動に震えたプレーでした。

 

マフィの妻、子ども

2015年5月15日 大学時代から交際していた日本人女性の「あずさ」さんと結婚。

あずささんという存在がなければ、マフィは日本に残り、日本代表として活躍することはなかったかもしれません。

 

2016年9月には、長男のレオ・海琉(かいる)が誕生しています。

 

ちなみに、前述の通りマフィは16人兄弟。

実は奥さんもまだあったことがない兄弟がいるそうです。

 

メルボルン・レベルズ

2011年に創立され、オーストラリアから5チーム目のスーパーラグビー参加チームとなる。

マフィは、2017年から、ラグビーの最高峰リーグであるスーパーラグビー、メルボルン・レベルズに加入。

今年が2シーズン目です。

 

トラブルになった相手の選手

ロペティ・ティマニ(Lopeti Timani)

生年月日 1990年9月28日_
年齢 2018年7月現在、27歳
出身地 トンガ・ナブトカ
身長 193㎝
体重 124㎏
初キャップ 2016年9月17日
アルゼンチン戦
ポジション ナンバー8、フランカー

オーストラリア代表ワラビーズにも選ばれる名選手です。

 

激しいプレーが売りのマフィですが、チームメイトとの暴力沙汰には困ったものです。

来年はワールドカップが日本で開催される大事な年。

影響がなければいいのですが。。。


PAGE TOP