日本テレビ佐藤記者質問と回答全文【関東アメフト連盟記者会見】

5月29日、関東学生アメリカンフットボール連盟が記者会見が開かれました。

5月6日におきた「悪質タックル事件」について連盟としての見解と処分を発表。

その質問の最後に日本テレビ記者の発した質問に批判が殺到している様子です。

会見内容の概要

関東学生アメリカンフットボール連盟は2018年5月29日、日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質タックルをして負傷させた問題で、連盟の規律委員会の調査にもとづいて認定した「事実」を発表しました。

 

「QBを潰せ」の意味は共有されていた

「思い切りプレーする、激しくプレーするのはコンタクトスポーツにおいて当たり前であり、それを3年生のレギュラー格の選手、しかも全日本に選ばれる当該選手にわざわざ指示したのは不自然。

また、『相手QBと友達か?』などと尋ねる必要はない。

友達を相手にさすがにここまではできないだろうということをさせようとしたからこそ、井上コーチはそうたずねたと考えるのが自然である」

「このように考えると、QBを潰せという指示には、文字通りつぶしてこい、つまりけがをさせてこいという意図が込められていた。

井上コーチはそのようなニュアンスで言い、当該選手はその通りに理解した。

日大側が主張する『認識の乖離』などそこには存在しない。」

 

「QBを潰せ」は内田監督の指示

「当該選手が、内田監督の異常に厳しい指導の標的になっていたことは、本人の供述を裏付ける複数の関係者へのヒアリングから判明している。

直接内田監督に試合から外すとプレッシャーをかけられていた当該選手が急きょ試合に出られるようになったというのに、内田監督と同選手が何も会話をしていないのは不自然極まりない」

「一連の会話と出来事について当該選手の供述は極めて具体的かつ迫真性があり、合理的な説明になっている。

どちらを信用すべきかは、火を見るより明らかである。

「QBをつぶせ」「やらなきゃ意味ないよ」は立派な指示。

「1プレー目からつぶしに行けという指示は関学戦出場の条件とされていたと考えるのが、日常の経験則に照らして合理的である。

 

内田監督は宮川選手に『やらなきゃ意味ないよ』と言っている

内田前監督の「彼が近くに来て何かいったが正直わからなかった。3~5メートルに来て帰っていったが、その時の会話はなかった」という主張に対して

「試合メンバーから外れた選手が試合に出してほしいと監督に直訴するときに、監督が聞いておらず返事もないのにそのまま帰っていくことがあるだろうか。

そのようなことは経験則に照らしてありえない。

ここに如実に表れているように、本件に関する内田監督の発言は、自身の関与に関するものについては、おおよそすべてに信用性がないと規律委員会は判断する」

 

関東学生連盟の処分

除名
※次回社員総会の決議が条件

内田正人前監督

井上奨元コーチ

 

今季終了まで公式試合の出場資格停止

宮川泰介選手

反省文を連盟に提出し、規律委員会との面談で再発の危険の払拭が確認でき、理事会で承認されれば処分解除

 

日本大学アメリカンフットボール部

原因究明を行い、再発防止策を策定・実施し、チーム改革・組織改革を断行し、理事会に改善報告書を提出。検証委員会で確認され、理事会で承認されれば処分解除

 

資格剥奪

森琢ヘッドコーチ

 

最後の質問者は日本テレビの佐藤記者?

問題となった質問は、最後の一人として指名された記者。

日本テレビの佐藤と申します。

と自己紹介しています。

日本テレビに佐藤記者は複数名在籍しています。

最もとても多い苗字ですので、どこの会社にもいるでしょうね。

 

佐藤記者

先ほどのお話の中で、このような早い処分の結果を出すことが皆様の責任の取り方だというようなお話がありました。
それに関して何ですけれども、

この試合が起きてしまった。この主催者である皆様に対する責任をお伺いしたいと思っています。

このような酷いパーソナルファウルというものが起きてしまった。

主催者としての責任の取り方。

このような早い処分の結果を出す、これ以外に何か処分の方を考えていらっしゃいましたら、お考えをお聞かせください。

よろしくお願いします。

理事長

このようなですね、フットボールとは全く縁のないプレーを我々の主催の元で試合で起きてしまった、その責任という話になります。

主催者側の責任といたしましてではですね、

かかるようなプレーが二度と起きないように、特に指導者に対してはフェアプレーの精神、ルール順守の精神について、もう一度指導を徹底する。

それによって、フットボールはコンタクトスポーツではありますが、ルールに守られた真摯な真剣勝負が見られる競技であるというようにですね社会に向かって宣言できるような、そういう状態に持っていくことが我々の責任であると思いますし、

また先ほども述べましたが、あのプレーによりましてですね、フットボールは非常に危険なスポーツであると思わせてしまったことについての

それは誤解だと思うんですけども、誤解を解くように、あらゆる場面で告知とか啓発活動に専念していきたい。

それが我々が取るべき責任ではないかと、かように思っております。

司会

それでは。。。

佐藤記者

すいません、追加して何ですけれども、

例えば、関東アメリカンフットボール連盟として

例えばなんですけれども、理事長の方が辞任をするとかそういったことはありえないんでしょうか。

理事長

私の責任の取り方ということでしたら、こうしたことがすべて円滑に運営される、指導が徹底されるというのを進めることが私の責任だと思っています。

私の首を取って、それが責任だとは思っておりません。

佐藤記者

ありがとうございました。

 

質問のレベルが低い?

当事者である日大がいつまでたっても真相を追及できない現状を突破した関東アメフト連盟の功績は大きい。

内田前監督、井上前コーチはこれで公的にはチームに関わることが出来なくなったわけですし、常務理事職については連盟がかかわることが出来ない範囲ですので、連盟としてできる限りのことはやったと称賛されてしかるべきでしょう。

そこで「理事長の辞任」を持ち出すことには確かに大きな違和感を覚えます。

 

先日の日大の記者会見では、司会者が批判を浴びましたが、記者会見全体を見ると、確かに質問のレベルが低いな~と感じることもありました。

明らかに同じ内容の質問を何度も繰り返す。

しかし、それにも理由があるようです。

 

例えば記者会見を聞くとわかるのですが、「○○テレビの●●です」と番組名で質問をすることがあります。

これは番組で使うための画像が欲しいわけで、同じ質問が先にされていることを承知で繰り返すわけです。

 

しかし、質問される側としては「さっき答えただろう~」ということですよね。

以前は記者会見はテレビがダイジェストで流すのを見るだけでしたが、今ではネットですべてを見ることが出来ます。

質問する側のレベルが問われる時代であるともいえそうですね。

 

ネットでの声

 

関連記事

内田正人監督の辞任は?【日大フェニックス廃部の危機】田中理事長は決断できるのか

日本大学が関西学院大学に回答【コーチが届けるのが誠意?】悪質タックル事件の謝罪

第2第3腰椎棘間靱帯損傷とは【悪質タックル被害QB・後遺症の心配はなし】

日本大学回答全文【内田監督の反省なし!】関西学院大学は納得できず(記者会見質疑)

日大に過去にも悪質タックルの可能性?【納得できない回答】

内田監督が過去にも悪質タックルを指示【関西学院大学は狙われていた】

内田監督謝罪【監督の指示と証言】クーデター計画・院政の可能性は?

内田監督辞任で問題は終わらない【選手の声が次々と】

日大退場選手を労う?慰める場面【動画】内田常務理事の解任は?

奥野康俊の議員歴【悪質タックル事件被害選手の父】記者会見全文

日大教職員の声明全文【真相究明なるか】

加害選手記者会見【代理人は弁護士?】真相は語られるのか

井上奨コーチの発案か?【ゲイビデオ出演の過去】日大豊山高校監督兼任

内田前監督、井内コーチ会見・一問一答全文

内田、井上をあえて擁護してみた【会見での矛盾点】常務理事復帰はあるのか?

内田常務理事は田中理事長の操り人形【井ノ口忠男・橋本稔子・田中優子の存在の大きさ】

日大現役部員声明全文【監督・コーチの指示は?】


PAGE TOP