日大現役部員声明全文【監督・コーチの指示は?】

いよいよ騒動は法廷に持ち込まれそうな日大フェニックスの悪質タックル事件。

5月29日、日本大学アメリカンフットボール部の選手一同が父母会の代理人を通じて声明文を発表しました。

事件発生当時から、現役選手に対してかん口令が敷かれていたと言われていましたが、ついに騒動の中心にいた人たちの声が聞かれることになりました。

 

声明文全文

本年5月6日に行われました関西学院大学アメリカンフットボール部と私たち日本大学アメリカンフットボール部の第51回定期戦での私たちのチームメイトの反則行為について、

ケガを負ったQBの選手とご家族の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、

関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆様、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、

私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

また私たちの行為によりアメリカンフットボールという競技そのものへの信頼が損なわれかねない状況に至ってしまったことについて、

アメリカンフットボールを愛する全ての皆様、そして社会の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

今回の件が起こってから、私たちはどうしてこのようなことになってしまったのか皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、

まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいと思います。

 

選手同士での話し合いはすでに何度ももたれていたことがわかります。

しかし、世論は「監督の指示で選手は仕方なくやった」と安易に断定していますが、選手間での話し合いでは、「まだ明確な答えが見つけられたわけではなく」とあります。

選手間で見解の統一ができていないということでしょうか。

 

また、これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会の調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果も待ちたいと思います。

なお、それらの捜査・調査に際しては、関係者の皆様にも、私たちが信じているチームメイトのように、誠実にありのまま全てをお話しして、その責任をしっかり受け止めて頂きたいと思っています。

 

捜査に対して、ありのままを話すという意向を表明したのは、監督・コーチへのプレッシャーになるでしょう。

 

ただ、少なくとも、私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、

手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いと考えています。

これまで、私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまいました。

 

盲目的に従うという部分はその通りだったのでしょう。

しかし、日大フェニックスの体質から言って、それは彼らだけの問題ではなく、これまでの指導陣やOBたちも責任でもあります。

どんなに理不尽だとわかっていても反対することは出来ない状況に置かれていたことは間違いありません。

 

それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることも無く信じきっていました。

 

全てはチームの勝利のため。

そのためには自分は我慢することがチームのため。

その論理で運営されている運動部は大学のみならず、高校でも、いや中学でもたくさんあるのが現実です。

これは日本の部活動全体に投げかけられるべき問題ではないでしょうか。

 

また、監督・コーチとの間や選手間のコミュニケーションも十分ではありませんでした。

そのような私たちのふがいない姿勢が、今回の事態を招いてしまった一因であろうと深く反省しています。

 

この点については、指導者側が歩み寄らないことには部員からはどうにもならなかったのではないでしょうか。

 

私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。

今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います。

ただし、絶対に必要だと今思っていることは、

対戦相手やアメリカンフットボールに関わる全ての人々に対する尊敬の念を忘れないこと、

真の意味でのスポーツマンシップを理解して実践すること、

グラウンドではもちろんのこと、日常生活の中でも恥ずかしくない責任ある行動を心がけるなど常にフェアプレイ精神を持ち続けること

を全員が徹底することです。

そのために何をしていく必要があるのか、皆様にご指導頂きながら、選手一人ひとりが自分自身に向き合って考え抜くとともに、チーム全体でよく話し合っていきたいと思います。

 

そして、いつか、私たち日本大学アメリカン・フットボール部が、部の指導体制を含め生まれ変わったと皆様に認めていただいた時には、

私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。

また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメートにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています。

 

選手一同はやはり宮川選手の復帰を願っているのですね。

長い時間はかかるかもしれませんが、それが現役部員たちの最終的な目標なのではないでしょうか。

 

私たち選手一同の今の思いは以上のとおりです。

私たちは、今回の件の深い反省のもと、真剣に、謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存ですので、どうかご指導のほど、よろしくお願い致します。

平成30年5月29日

日本大学アメリカンフットボール部選手一同

監督・コーチの指示には言及せず

現在最も注目されているのは、あのタックルが

「監督とコーチには、相手QBを怪我をさせるという意図があったのかどうか」

この点については、今回の声明文では明らかになっていません。

 

そこまで踏み込むことが躊躇されたのか

あるいは、選手間での見解がまだ統一されていないのか。

その点について、最終的には警察の捜査、ひいては裁判で明らかになるのでしょうが、選手からの統一見解が発表されることは意義があると思いますので、今後新たな声明文が発表されるのか注目です。

 
 

関連記事

内田正人監督の辞任は?【日大フェニックス廃部の危機】田中理事長は決断できるのか

日本大学が関西学院大学に回答【コーチが届けるのが誠意?】悪質タックル事件の謝罪

第2第3腰椎棘間靱帯損傷とは【悪質タックル被害QB・後遺症の心配はなし】

日本大学回答全文【内田監督の反省なし!】関西学院大学は納得できず(記者会見質疑)

日大に過去にも悪質タックルの可能性?【納得できない回答】

内田監督が過去にも悪質タックルを指示【関西学院大学は狙われていた】

内田監督謝罪【監督の指示と証言】クーデター計画・院政の可能性は?

内田監督辞任で問題は終わらない【選手の声が次々と】

日大退場選手を労う?慰める場面【動画】内田常務理事の解任は?

奥野康俊の議員歴【悪質タックル事件被害選手の父】記者会見全文

日大教職員の声明全文【真相究明なるか】

加害選手記者会見【代理人は弁護士?】真相は語られるのか

井上奨コーチの発案か?【ゲイビデオ出演の過去】日大豊山高校監督兼任

内田前監督、井内コーチ会見・一問一答全文

内田、井上をあえて擁護してみた【会見での矛盾点】常務理事復帰はあるのか?

内田常務理事は田中理事長の操り人形【井ノ口忠男・橋本稔子・田中優子の存在の大きさ】


PAGE TOP