米倉久邦の経歴【共同通信・NHK】意外な著書「女で儲けるビジネス学」

ネットで沸騰している、日大の内田前監督と井上前コーチの記者会見。

二人の回答についての疑惑の声も大きいのですが、意外な人物が注目を集めています。

それは、会見を仕切った司会者。

 

長引く報道陣からの質問に対して、早く会見を打ち切ろうと

「これだけ聞いたら十分です」

 

また、質問に対しての回答を得て、さらにその回答について追加質問をすることってありますよね。

するとすかさず

「やめてください、やめてください、一人で何個も聞かないでください。」

「やめてください、他にも聞きたい方はいっぱいいるんです」

「やめてください、打ち切りますよ!」

明らかに速く幕引きをしたいという態度に報道陣も反発。

 

強引に会見終了を宣言すると、報道陣から

「監督に判断してもらってください」

内田前監督が質問を促して会見が続くと、一層不快感をあらわにします。

 

その後も報道陣とのバトルが続きます。

報道陣

「会見はみんなみてますよ」

司会者

「見てても、見てなくてもいいんですけど」

 

報道陣

「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」

司会者

「落ちません」

 

報道陣

「おふたりが、やめてくれとおしゃるならやめます」

司会者

「おふたりがやめると言うことはないです」

 

怒りというより、思わず失笑してしまうような、2時間9分のバトルでした。

 

司会者の実名・経歴

会見後にネットでも「あの司会者は誰だ!」と話題となりました。

実は、会見の時に司会者の自己紹介はありませんでしたが、その後に判明しました。

米倉 久邦(よねくら ひさくに)

日大広報部顧問

生まれ 1942年(昭和17年)
年齢 2018年末で、76歳
出身地 東京都
学歴 早稲田大学卒業

大学卒業後に、共同通信社に入社。

その後、ワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長、論説委員長を歴任しています。

定年退職まで勤務した後は、学生時代に親しんだ登山を再開。

日本山岳会会員で、森林インストラクターなどを務めています。

登山関連の書籍も出版していますね。

 

ちなみに、検索をすると、こんな本も・・・

【中古】 女の時代がやってきた 女で儲けるビジネス学 /米倉久邦【編著】 【中古】afb

 

あまりの方向性の違いに、ひょっとして別人?と考えたりもしますが、出版社が共同通信社となっているので、間違いないと思われます。

 

日本大学とのつながり

共同通信社を定年退職後、どのタイミングで日大広報部で働くことになったのかは調査中です。

NHKの個人情報保護審議委員を務めていたこともありましたが、現在は客員論説委員にして、日本大学広報部に所属しています。

 

2015年

日本大学の名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から投資用に2千万円を借り、現在も返済していないという事実が発覚した際に、広報部顧問として記事に登場しています。

名誉教授は事実関係を認め、日本大学は「暴力団に関わっていたことは極めて遺憾」としていましたが、ここで米倉久邦広報部顧問は

「どんな活動をしているのか報告義務はないし、大学として感知していない」

 

高飛車な対応はこの時から同じだったということですね。

 

真実を話していたのかどうかはともかくとして、内田前監督の落ち着いた対応ぶりはさすがに大物だと感じましたが、司会者の仕切りで思わぬ批判を浴びた会見でした。

 

関連記事

内田正人監督の辞任は?【日大フェニックス廃部の危機】田中理事長は決断できるのか

日本大学が関西学院大学に回答【コーチが届けるのが誠意?】悪質タックル事件の謝罪

第2第3腰椎棘間靱帯損傷とは【悪質タックル被害QB・後遺症の心配はなし】

日本大学回答全文【内田監督の反省なし!】関西学院大学は納得できず(記者会見質疑)

日大に過去にも悪質タックルの可能性?【納得できない回答】

内田監督が過去にも悪質タックルを指示【関西学院大学は狙われていた】

内田監督謝罪【監督の指示と証言】クーデター計画・院政の可能性は?

内田監督辞任で問題は終わらない【選手の声が次々と】

日大退場選手を労う?慰める場面【動画】内田常務理事の解任は?

奥野康俊の議員歴【悪質タックル事件被害選手の父】記者会見全文

日大教職員の声明全文【真相究明なるか】

加害選手記者会見【代理人は弁護士?】真相は語られるのか

井上奨コーチの発案か?【ゲイビデオ出演の過去】日大豊山高校監督兼任

内田前監督、井内コーチ会見・一問一答全文

内田、井上をあえて擁護してみた【会見での矛盾点】常務理事復帰はあるのか?


PAGE TOP