内田監督が過去にも悪質タックルを指示【関西学院大学は狙われていた】

2018年5月27日

前の記事でお伝えした、日大の過去の悪質タックルの可能性ですが、ここにきて新たに証言が出てきました。

日大に過去にも悪質タックルの可能性?【納得できない回答】

 

内田監督が過去のも悪質タックルを指示

JNNの記事によると

日大の内田監督が去年の関西学院大学との試合でも、

「クオーターバックを壊してこい」

と別の選手に同様の指示をしていた疑いがあることが、日大関係者への取材で新たに分かりました。

 

JNNの取材に対し、日大関係者は

「反則行為をした選手が直接、内田監督から“1プレー目で相手のクオーターバックを壊してこい”などと指示を受けた」

 

さらに、去年春の関西学院大学との定期戦で、別の選手にも

「クオーターバックを壊してこい」

 

ここまで証言が出てきたということは、すでに憶測が流れていたように、どうやら、初めてのことではないようです。

 

狙われていた関西学院大学

今回新たに証言が出てきたのは、いずれも関西学院大学が相手。

つまり、大学日本一への最大のライバルとなるチームの司令塔に、「やられるかもしれない」という恐怖心を植え付けておくことが目的ではないでしょうか。

日大にしても関西学院大にしても、最も重要なのはもちろん大学日本一を決める「甲子園ボウル」

その前哨戦となる定期戦で反則を取られようが、退場になろうが、恐怖心を植え付けておくことで本番が有利に進められます。

 

アメフト以外でも、体の接触あるラグビーなどでは、相手の激しいプレーを少しでも「怖い」と思ってしまうと、後手に回ってしまう。

そして、それは無意識のうちにそうなってしまうものです。

 

日大の、いや内田監督の狙いはそこにあったのではないでしょうか?

そう考えると、問題が明るみになってからの内田監督の次のコメントも理解できます。

「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。

あれぐらいやっていかないと勝てない。

やらせている私の責任」

 

このコメントがマスコミを通じて流れてきたときに、私たちはそこに異常さを感じましたが、内田監督にとっては今までにもやってきた当たり前のことだったのではないでしょうか?

そう、甲子園ボウルで勝つためには必要な作戦の一つだったのでは?

 

そして、今までは証拠となる動画やSNSでの拡散がなかったために表に出てこなかったと考えると、すべては納得できます。

 

今後の日大の対応

もはや、内田監督を擁護しないで全ての真相を「身内に暴かれる前に」自らさらけ出す覚悟が必要なのではないでしょうか。

田中理事長の最側近であり、常任理事である内田正人監督

内田正人監督の辞任は?【日大フェニックス廃部の危機】田中理事長は決断できるのか

学内に留まることはまだギリギリ可能なのかもしれませんが、少なくともアメフト部の監督は辞任しないことには、日大はどこのチームとも試合をすることは出来なくなるでしょう。

一部でささやかれているように、廃部ということが現実味を帯びてきます。

 

関連記事

内田正人監督の辞任は?【日大フェニックス廃部の危機】田中理事長は決断できるのか

日本大学が関西学院大学に回答【コーチが届けるのが誠意?】悪質タックル事件の謝罪

第2第3腰椎棘間靱帯損傷とは【悪質タックル被害QB・後遺症の心配はなし】

日本大学回答全文【内田監督の反省なし!】関西学院大学は納得できず(記者会見質疑)

日大に過去にも悪質タックルの可能性?【納得できない回答】

内田監督謝罪【監督の指示と証言】クーデター計画・院政の可能性は?

内田監督辞任で問題は終わらない【選手の声が次々と】

日大退場選手を労う?慰める場面【動画】内田常務理事の解任は?

奥野康俊の議員歴【悪質タックル事件被害選手の父】記者会見全文

日大教職員の声明全文【真相究明なるか】

加害選手記者会見【代理人は弁護士?】真相は語られるのか

井上奨コーチの発案か?【ゲイビデオ出演の過去】日大豊山高校監督兼任

内田前監督、井内コーチ会見・一問一答全文

内田、井上をあえて擁護してみた【会見での矛盾点】常務理事復帰はあるのか?

内田常務理事は田中理事長の操り人形【井ノ口忠男・橋本稔子・田中優子の存在の大きさ】

 

ネットでも大バッシング


PAGE TOP