甲斐友梨の年収・旦那さんとの二人三脚【女性アスリート専門KINGLILY】

女性アスリート専門のファッションブランドである「KINGLILY」社長は、自らもレスリング日本代表として世界選手権銅メダリストです。

ファッションブランド立ち上げに際して、旦那様との二人三脚で育てていったその道のりを振り返ってみましょう。

甲斐 友梨(かい ゆり)


KINGLILY株式会社代表取役

現姓名 岡田 友梨
生年月日 1984年(昭和59年)5月8日
年齢 2018年5月10日現在、34歳
出身地 滋賀県
高校 滋賀県立八幡工業高等学校
大学 中京女子大学卒業
現:至学館大学

中学時代は柔道に汗を流し、中学1年で全国大会に出場するほどの選手だった甲斐友梨さん。

しかし、周囲の期待が重く感じるようになったこともあり、高校進学と同時にレスリング転向しました。

 

その後、レスリングの名門・中京女子大に進学し、そこで才能を大きく開花させました。

中京女子大学は、2010年に至学館大学と改称し、女子レスリング界では、吉田沙保里選手を始めとして多くのメダリストを輩出している超名門大学です。

最近は、パワハラでも話題になってしまいましたね。

 

レスリング選手としての実績

高校時代の実績としては、2001年の全日本選手権48kg級6位が目立つ程度で、国際的に注目をされるような選手ではありませんでした。

それでも「強くなりたい!」という一心で中京女子大学に入学。

 

大学入学直後は、付属の高校生にも勝てないような選手だったのですが、その後のトレーニングによって才能が大きく開花します。

 

2004年 ジャパンクイーンズカップ優勝

アジア選手権に出場し、銀メダルを獲得しました。

 

2005年 大学生のオリンピックと呼ばれる、ユニバーシアード大会に出場します。

 

2007年 大学卒業をまじかに控えた3月22日~23日。

ロシア・クラスノヤルスクで開催された、レスリング・ワールドカップ大会において、48kg級の個人戦で、ベラルーシ・ドイツ・中国の選手を破り、3戦全勝で個人優勝を果たします。

 

大学卒業後、レスリングを続けるには十分な実績がなかった甲斐選手ですが、アイシン・エイ・ダブリューが地域貢献として、地元選手を支援し、就職しながらレスリングを続けることが出来ました。

進路に悩む甲斐選手に監督が

「お前は強くなる。見捨てないから一緒に頑張ろう」

とかけてくれたことが大きな励みになったといいます。

 

2008年7月に行われた、全日本社会人選手権で、51kg級に出場し、初優勝を果たします。

2009年9月にデンマーク・ヘアニングで行われた、レスリング世界選手権の51kg級に出場。

準決勝で金メダルを獲得したソフィア・マットソン(スウェーデン)に敗れるものの、3位決定戦で洪迪(中国)を破り、銅メダルを獲得しました。

これが世界規模の国際大会で初めて獲得したメダルでした。

 

そして、2009年12月21日~23日

天皇杯全日本選手権大会にて、51kg級に出場。

決勝戦に進出し、オリンピック4連覇を達成した絶対王者である伊調千春選手を破って、全日本初優勝を果たしました。

この優勝が甲斐友梨の選手時代のピークとなりました。

 

翌2010年、全日本選抜で準優勝、全日本選手権で準決勝敗退するなど下降線をたどるようになりました。

2011年8月29日、現役選手としての引退を発表しました。

 

甲斐友梨さんの夫

甲斐友梨さんは、2014年2月22日に一般人の男性と結婚しました。

一般人のため旦那さんの詳細な情報については不明ですが、この方がビジネスを立ち上げる際のビジネスパートナーでもあります。

 

女子アスリート専門「KINGLILY」

現役を引退後、ファッションの勉強をするためにパンタンデザイン研究所に入学します。

当時から、女性アスリートの体形に合ったファッションブランドを立ち上げるべくファッションの基礎を学びました。

2015年10月に女子アスリート専門のファッションブランド「KINGLILY」を設立し、代表取締役兼デザイナーとなりました。

夫は生産、販売、管理、業者とのやり取りなど。

友梨さんがデザイン、SNSなどを利用してのプロデュースを担当し、夫婦二人三脚で準備を重ね、

2016年4月、ついに『KINGLILY』がオープンしました。

コンセプトは「強く、美しく」

 

試着サービスについて

女性アスリートもファッションに興味はある。

しかし、トレーニングによって鍛え上げた肉体は当然ながら一般の女性とは体型が違うのです。

全体としてのフォルムはもちろん、競技によって鍛えるべき1つ1つのパーツが異なるので、他のサイズは一般の人とは大きく違わなくても太物が非常に太いとか、肩幅が大きいなどの違いが出てしまいます。

 

服を購入する際に、当然試着をしますよね。

ところが、女性アスリートにとって試着は苦手だという声が多いのです。

そんな女性アスリートの悩みに答えてくれるのが、『KINGLILY』

お店に行って試着を促されても
入らないから恥ずかしい…

店員さんみたいに細くないのに
ガツガツ接客されるのは苦手…
そんな声も
たくさん聞いてきました。
普通のお店に行っても
なかなか合うものが無い。

でも、ネットショップは
試着してないから怖い。
そんな女性を救いたくて
KINGLILYは生まれたんだから。
とことん、愛して
とことん愛される。

そんな存在になりたくて。
試着サービス、開始します!

合わないサイズを返品時
送料&手数料ゼロ円!!

”思っていたサイズ感じゃなかった”
”MとLを試着したけどどちらも合わなかった”
”着てみたらイメージと違った”

そんな時は
ご遠慮なく返品下さいませ。
買ってしまったから手遅れ。
泣く泣くクローゼットにしまいっ放し…

そんな気持ちには絶対させません。
返品にかかる送料、手数料は
KINGLILYが負担いたします。

※ご試着サービスの対象商品は、税抜き1万円以上の商品に限ります。

※返品については、商品到着後から3日以内にお願いします。

 

甲斐友梨の年収

現在の売上高に関する資料を探したのですが、詳細はわかりませんでした。

ただし、売り上げは現在も順調に伸びていることが次のツイッターで伺われます。

中小企業の社長といえば、平均年収は1500万円程度と言われています。

売上を伸ばしているところでもあり、女性アスリート専門のファッションブランドという唯一無二の価値観を提供しているという大きな強みがありますので、現在の年収はもちろん、今後も年収を増やしていくことになると思われます。

推定で2000万円くらいの年収ではないでしょうか。

女性アスリートの悩みを解決するブランドとしてこれからも発展を続けていくことでしょう。


PAGE TOP