大谷翔平負傷交代【動画】左足首を捻挫か?

エンジェルスの大谷翔平が途中交代。

左足首を故障か?

4号先制ホームラン

4月27日(日本時間28日)、ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場した大谷翔平選手は、2回1死走者なしから4号先制ソロホームランを放ちました。

1塁ベース上で交錯

ところが、2打席目に内野ゴロで1塁を駆け抜けた際に、送球がそれて1塁手と交錯しそうになり、左足首をひねったようです。

1塁手と接触はしていませんが、こちらの動画を見る限りは、確かにベースを踏んだ際に足の外側半分でベースを踏んでひねっているように見えます。

大谷翔平選手は、3打席目の1アウト1,2塁のチャンスに交代。

大きな怪我には見えませんが、日本にいるときにも同じように走塁で足首を怪我したこともあります。

最終的には有痛性三角骨障害ということで、結局手術にまでなっているので心配ですね。

左足首の外反捻挫か

球団の発表を待ちたいと思いますが、ひねった方向から考えて、外反捻挫ではないでしょうか。

通常、足首が内側に折れた形でひねる内反捻挫が多いのですが、外反捻挫では、足首をが外側に折れることで、内側の三角靭帯を損傷する可能性があります。

しかし、この靭帯は強く、付着部も広いため断裂することは少ないようです。

大谷選手のケースも軽症で済む可能性は高いと思われますが、逆に言えば、断絶するほど大きな衝撃が加えられてしまうと、重症ということです。

大事に至らなければいいのですが。

 

<続報> 球団発表

球団から発表があったようです。

「左足首の軽い捻挫。状態は日々チェックする」

幸い症状は軽そうですね。


PAGE TOP