チームパシュート金メダルへの戦術【平昌オリンピック日本女子】

2018年2月21日

<速報>チームパシュート女子・金メダル獲得!

平昌オリンピック・スピードスケートのチームパシュート女子が決勝でオランダを破り、金メダルを獲得しました!

日本 2分53秒89

オランダ 2分55秒48

 

男子フィギュアスケート・羽生選手と女子スピードスケート500m・小平奈緒選手と連日の金メダルで勢いに乗る日本選手。

平昌オリンピックで金メダルが期待される種目の1つ。

「チームパシュート」とはどんな競技なのでしょうか?

緻密な戦略と、長期にわたる合同合宿でスケート王国オランダに挑む日本女子について徹底調査しました。

日本代表チームパシュート女子チーム

佐藤綾乃選手、高木菜那選手、高木美帆選手

 

<速報>平昌オリンピック・準々決勝を2位で通過。

準々決勝の結果

1位 オランダ 2分55秒6
2位 日本 2分56秒1
3位 カナダ 2分59秒0
4位 アメリカ 2分59秒7

以上、4チームが準決勝に進出。

5位 中国 3分00秒0
6位 ドイツ 3分02秒6
7位 韓国 3分03秒8
8位 ポーランド 3分04秒8

日本の最初のレース、スタートでミスが出たものの、余裕を持ったレース運びでした。

準決勝の組み合わせは

オランダ - アメリカ

日本 - カナダ

 

準決勝のカナダはもちろん油断はできませんが、全力で滑れば間違いなく勝てるでしょう。

しかし、その後の決勝を考えると、出来る限り消耗しないで決勝に進みたいところ。

一番つらいラスト1周を流しながらゴールするくらいの余裕のある戦いが理想です。

 

<速報>日本女子決勝進出!オランダと決勝

平昌オリンピック・チームパシュート女子の準決勝で日本チームは、2分58秒94でカナダに勝って決勝進出を決めました。

もう1つの準決勝は順当にオランダが勝利。

予想通りの2強による決勝戦となりました。

準決勝はカナダもアメリカも、準々決勝よりもタイムを落とし、日本とオランダにはかなわないと、明らかな3位決定戦での銅メダル狙いのレース展開となりました。

日本もオランダも、ベストタイムには大きく及ばない余裕のあるレース展開。

ともに決勝に向けて力を温存して決勝に臨みます。

日本は、高木美帆、菊池彩花、高木菜那というメンバー。

佐藤綾乃を温存する作戦に出ました。

これは、高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃というベストメンバーの中で最もスピードに劣る佐藤綾乃を、決勝のために足を休めたということでしょう。

日本、オランダともに余裕のある準決勝だったことで、コンディションとしてはほぼイーブン。

そうなると、今シーズン世界記録を連発してタイム的に上回る日本に有利となる展開ではないかと思われます。

金メダルを期待しましょう!

 

世界記録を連発

日本女子チームは、2017年11月~12月にかけて、なんと世界記録を3度も塗り替えるという圧倒的な強さを発揮しています。

ワールドカップ第1戦

2分55秒88

ワールドカップ第3戦

2分53秒88

ワールドカップ第4戦

2分50秒87

世界記録を出すだけでもすごいのですが、なんと1ヶ月で5秒も更新するという超ハイペースです。

チームパシュートのルール、そして金メダルへの戦略を解説します。

 

チームパシュート

もともとは、自転車競技の団体追い抜きの競技のことです。

オリンピック競技としては、2006年のトリノオリンピックから正式採用されました。

競技方法

1チーム3人構成

男子は400mリンクを8周(3,200m)

女子は400mリンクを6周(2,400m)

 

勝敗の決め方

オリンピックでは、2チームずつのトーナメント対戦で行われます。

2チームがメインストレートとバックストレートの中央から同時にスタート。

つまり半周ずれてスタートするのですが、この半周の差を追いついて追い抜いた時点で、追い抜かれたチームは失格。

勝敗が決します。

 

両チームとも最後まで追い抜きが出来なかった場合は、最後の3番目にゴールした選手のスケートブレードの一番後ろがゴールした時点のタイムにより勝敗が決まります。

とびぬけて速い選手がいても、3番目の選手が遅れると勝てないのがこの競技の面白さ。

選手層の厚さや戦術が重要になるのです。

 

ちなみに、途中で誰か1人でも転倒してしまったら、チーム全体がペースを落として転倒した選手が戻るのを待たなければならないので、オリンピックのようなハイレベルのレースでは、転倒すればほぼ敗退が決まります。

 

ルール

必ずチーム全員が1周は先頭を走行しなくてはならない。

先頭を走ると風圧によって体力を消耗するため、先頭を交代しながら走ります。

ここがチームの戦術として、誰をどれだけの長さ先頭を走らせるのかが重要になってきます。

平昌オリンピックにエントリーされているチームパシュートのメンバーは次の通りです。

高木美帆

高木菜那

菊池彩花

佐藤綾乃

世界記録を出したメンバーである、高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手の出場が濃厚ですが、バックアップメンバーとしての菊池彩花選手の存在も重要な存在です。

 

チームパシュート日本代表女子チームの成績

2010年 バンクーバーオリンピック

銀メダル

小平奈緒、田畑真紀、穂積雅子

決勝のドイツ戦では最後の最後に長距離型をそろえたドイツに差されて、0.02秒差で敗れるも堂々の銀メダルを獲得しました。

 

2014年 ソチオリンピック

4位

押切美沙、田畑真紀、高木菜那

準決勝でオランダ、3位決定戦でロシアに敗れて、2大会連続のメダル獲得はなりませんでした。

ソチではオランダが圧倒的な強さを発揮していました。

日本は準決勝でオランダには勝てないと判断して、3位決定戦に的を絞ってベテランの田畑真紀を準決勝で温存する作戦を選択します。

しかし、それでも3位決定戦でロシアに完敗。

タイムは悪くなかった。

つまり、自己ベストを出してもメダルを取れないという現実を突きつけられました。

メダルの期待が高かっただけに、石幡忠雄監督は危機感をあらわにしました。

「今のままでは駄目だと、はっきりしています。

まるっきり違う強化にしないと次はないと思います」

ここから本気の強化が始まります。

そして、ソチで代表漏れをした天才少女・高木美帆選手の復活とともに日本チームは上昇気流に乗っていきます。

 

ISU世界距離別スピードスケート選手権大会

2015年

金メダル 日本 3:01:53
銀メダル オランダ 3:01:55
銅メダル ロシア 3:03:19

世界選手権で初めての金メダルを獲得!

オリンピックの翌年で各国ともに世代交代の時期だったとはいえ、王国オランダを0.02秒差で上回った価値ある金メダルです。

バンクーバーで0.02秒差で涙をのんだのと同じ0.02秒差での勝利。

強化の方針に間違いがなかったことを証明しました。

 

2016年

金メダル オランダ 2:58:12
銀メダル 日本 2:58:31
銅メダル ロシア 3:02:61

日本チームも大きく記録を伸ばしたものの、オランダがそれを上回って銀メダル。

2015年からは日本とオランダの2強によるマッチレースの様相を呈してきました。

 

2017年

金メダル オランダ 2:55:85
銀メダル 日本 2:56:50
銅メダル ロシア 3:00:51

押切美沙紀・高木菜那・高木美帆の3人で臨んだ日本代表ですが、またしてもオランダに及ばず銀メダル。

圧倒的な走力を誇るオランダを倒すために、様々な戦略を実行に移します。

 

金メダルへの戦略

日本女子チームが金メダルを獲得するためのポイントを考えてみました。


PAGE TOP