イ・チャンヨルは有罪か?年俸から成績まで【韓国プロ野球の闇】

韓国のプロ野球選手が、キャンプ中の日本でわいせつ行為により逮捕されていたことが判明・

日韓関係も微妙なこの時期に、プロ野球選手のわいせつ行為ということで嫌韓派のバッシングの材料となってしまっています。

報道によると

韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの内野手イ・チャンヨル(26)が、強制わいせつ容疑で逮捕されたが、本人は容疑を強く否認しており、弁護士がついた。

イ容疑者は先月から日本の教育リーグと秋季キャンプのために宮崎県に滞在していた。

宮崎警察によると、イ容疑者は今月2日、練習を終えた後、何人かの同僚と共に宮崎市内のショッピングモールを訪れた際に20代の女性店員の胸を触ったりしたとされており、防犯カメラの映像などからイ容疑者を強制わいせつ容疑で逮捕したという。

球団もすぐに立場を明らかにした。「2日午後7時頃にショッピングモールで女性店員にわいせつ行為をした容疑で22日午後4時頃に宮崎北警察署で調査中だ」と伝えた。

続けて「本人は容疑を強く否認していると聞いている。警察が調査に着手し、球団は円滑な措置のために弁護士を選任した。警察の調査が進められており、球団は結果を待つつもりだ。調査結果が分かり次第、公知する予定だ」と説明した。

出典:WOW KOREA(http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/1122/10201908.html)

イ・チャンヨル(李昌烈)

読み LEE CHANG YEOL
生年月日 1991年9月6日(2017年11月現在、26歳)
身長 175cm
体重 75kg
背番号 10
ポジション 内野手(セカンド、サード)
投打 右投げ左打ち

韓国プロ野球「ハンファ・イーグルス」へ、2014年に入団しました。

背番号10が示す通り、長打力が魅力の期待の若手選手なのですが、2017年はほとんどファーム暮らし。

1軍での出場も代打や守備固めなどの途中出場で、シーズン通して1軍でのヒットは0本でした。

大学を卒業しての3年目ですので、来年も同じような成績だと契約打ち切りの可能性もあり、この秋季キャンプは生き残りをかけた大事な時期だともいえたのですが。。。

 

ハンファ・イーグルス

1986年創設の韓国プロ野球チーム。

ホームタウンは、大田広域市で、本拠地は、大田ハンバッ運動場野球場。

経営母体はハンファグループ(旧:韓国火薬)です。

創設から32シーズンで、韓国シリーズ出場は6回。

1988年・1989年・1991年・1992年・1999年・2006年。

そのうち韓国チャンピオンとなったのは、1999年の1回のみです。

2017年のシーズンは、
144試合 61勝 81敗 2分で、10チーム中8位でした。

 

強制わいせつで有罪となるか

本人は否定しているようですが、警察が捜査をしたということは被害にあった女性からの訴えがあったということでしょう。

そのうえで、防犯カメラの映像で特定されたということなので、少なくとも痴漢冤罪のようなありもしない犯罪をでっち上げたのではなく、わいせつ行為そのものは確かにあった。

問題は、それがイ・チャンヨルだったのかどうかということになります。

防犯カメラといえば、2014年9月のアジア大会で、カメラを盗んだとして起訴された水泳の冨田尚弥選手の窃盗事件が思い出されます。

韓国で行われた裁判で、防犯カメラの映像が公開され、富田選手との特定はできなかったものの、罰金100万ウォン(日本円で約10万)の支払いを命じる有罪判決が出されました。

富田選手はこの判決を不服としながらも、「これ以上やっても意味はない」とコメントして罰金をを支払うことで裁判は終結しました。

今回の事件も、被害女性の証言はもちろんですが、防犯カメラの解析が大きな焦点となりそうです。

 

強制わいせつ罪は親告罪ではない

「強制わいせつ罪は親告罪だから、告訴を取り下げて和解に持ち込めばいい」という方もいますが、実は刑法の改正で、強制わいせつ罪は非親告罪となりました。

つまり訴えがなくても、その事実があれば処罰を受けるのです。

刑法で

「6月以上10年以下の懲役に処する」と定められています。

しかし、理論的には強制わいせつ罪が成立する場合でも、強制わいせつ罪の行為の悪質性がほとんどないケースでは、不起訴として前科がつかないこともあります。

そして、仮に起訴されたとしても、初犯で悪質性がない場合には、執行猶予となることが多いようです。

ポイントは被害者との示談が成立しているかどうかです。

悪質性がなく、示談が成立していれば執行猶予となる可能性が高いです。

ただ、今回のケースは完全否認しているということですので、示談で和解というのは難しいのではないかと思われます。

示談のためにはわいせつ行為を認めなければなりませんからね。

ここから先は法律の専門家ではないので想像ですが、有罪判決が出たとしても執行猶予で、強制送還になって終了ではないでしょうか。

ただし、執行猶予となった場合には猶予期間が終了するまでは、キャンプなどで来日しても入管で入国を拒否されることがあるかもしれません。

 

イ・チャンヨル(李昌烈)の年俸

韓国プロ野球選手全体の平均年俸は、約1億ウォン。1韓国ウォンは約0.1円なので、日本円にして約1000万円です。

日本のプロ野球(NPB)の平均年俸が、約3826万円ですので、その差は大きいですね。

これは、育成選手、組合未加入の外国人選手を除いての数字です。

さらに、一軍最低年俸は1,430万円と定められており、それ以下の年俸の選手は1軍登録1日当たり、150分の1ずつ、つまり約10万円弱が加算される仕組みになっています。

対して、韓国プロ野球の最低年俸は、2,700万ウォン(約270万円)

ざっくりと日本の約4分の1くらいの年俸と考えていいでしょう。

確かに韓国は日本よりも総じて物価が安いのですが、それでも4分の1ということはありません。

昔ほど差はなくなって今では、少し割安で7~8割という程度でしょう。

一般人の平均所得(月収)を比較した場合、

日本は、約26万6000円
韓国は、約13万5000円

日本の約半分です。

半分の月収で、物価が7~8割とすると、生活は日本の平均的な家庭よりも苦しい方々が多いということになりますね。

そんな中での平均年俸1000万円はまずまずいい稼ぎなのでしょうが。

 

さて、問題のイ・チャンヨル選手の年俸ですが、出来る範囲で調べてもわかりませんでした。

ハンファ・イーグルスの平均年俸は、韓国プロ野球全体よりも高く「1億7912万ウォン」とのことでした。

しかし、今シーズンは1軍でノーヒット、ほぼファーム暮らしだった選手です。

平均年俸を押し上げるのは一部の高給取りの選手であって、ファームの選手の年俸はさほどチームによって変わるものではありません。

普通に考えれば、平均年俸の半分。

しかし、背番号10が示す通り、球団の期待の選手であることは間違いありませんし、大学卒の選手ですので、入団時の年俸が高めに設定されていた可能性はあります。

ということで、推定ですが

約700~800万円くらいではないでしょうか?

 

韓国プロ野球選手の不祥事

一部のファンの間では「またか・・・」という声も多い今回の不祥事。

実は韓国プロ野球選手の不祥事は度々話題になっています。

公然わいせつ罪

KTウィズの内野手キム・サンヒョンが、6月16日、益山(イクサン)市内の道路に停車した自身の車の中で、運転席の窓を開けたまま、道を歩く女子大生を見ながら自慰行為をした公然わいせつ罪で在宅起訴となりました。

八百長事件

2011年、人気球団LGツインズの投手だったパク・ヒョンジュンとキム・ソンヒョンが違法スポーツ賭博の八百長に加担していたことが明るみになり、それぞれ懲役6カ月・執行猶予2年の判決を宣告されました。

違法カジノ事件

サムスン・ライオンズの主力選手たちが海外のカジノで違法賭博をしていたことが発覚。
さらに、営業権を得ていたのは元暴力団員であったことも重なり、数億ウォン(数千万円)の賭け金で賭博を行ったとして、罰金700万ウォン(約70万円)の略式起訴処分、72試合出場停止などの処分を受けました。

メジャーリーガーが性的暴行

カン・ジョンホ(ピッツバーグ・パイレーツ)が23歳の女性に性的暴行を働いた疑いで告発されました。

日本プロ野球界でも同じような事件が度々起こっていますが、今回は海外での逮捕。

判決がどうなるのか注目です。


PAGE TOP