健康・美容

リハビリ病院という存在を知っていますか? 脳卒中など、中枢神経系の急性疾患で倒れ、その後の処置によって急性期をを脱した患者さんが機能回復と社会復帰を目指して日々格闘しています。 そんな方々を手厚いリハビリテーション体制で支える意思、看護師などのスタッフ。 現在日本全国のリハビリ病院の中でも屈指の存在として知られる病院を紹介します。 医療法人社団輝生会 初台リ ...

エンタメ

【訃報】元宝塚花組トップスターにして、男役きっての正統派歌手として人気を集めた、麻鳥千穂さんが、2017年6月2日に死去されていることがわかりました。 死因は大動脈瘤解離 麻鳥千穂さんの死因となった大動脈瘤解離については、こちらに詳しく解説をしていますので、あわせてどうぞ。 大動脈瘤解離   葬儀は身内の身ですでにとりおこなわれたとのこと。 喪主は ...

健康・美容

夫の定年退職を機に、妻が体調を崩す。 妻がうつ病になり、夫はその原因がわからない。いや、知ろうともしない。そればかりか、「何をやっているんだ」と叱責すらする。 最後には夫の存在そのものに強い不満を感じ、強いストレスとなって妻の自律神経やホルモンバランスを乱し、さまざまな体調不良を引き起こします。 上沼恵美子さんも、夫が定年退職をして、四六時中一緒にいる生活の ...

健康・美容

昭和の国民的英雄「石原裕次郎」を苦しめた「解離性大動脈瘤」 1981年に発症し、成功率3%と言われる難手術に成功し「奇跡の復活」と話題になりました。 大手術に挑んだ石原裕次郎には、見舞い客12,000人、手紙5,000通、花束2,000束、千羽鶴1,000束にも及ぶファンたちの声援が送られたそうです。 その後、石原裕次郎さんは、ハワイでしばらく静養していまし ...

生活お役立ち

「脂肪サビ」をご存知でしょうか? サビといっても、もちろん脂肪は金属ではないので錆びることはありません。 金属の錆は、金属の表面が酸化する(酸素と結びつく)ことで錆が発生しますが、それと同じよう、体内の脂肪が酸化することを「脂肪サビ」と呼んでいます。 脂肪サビとは 脂肪サビとは、言ってみれば、古くなった油のような状態になると考えるとわかりやすいです。 「脂肪 ...

生活お役立ち

働きすぎの日本人、仕事が終わると酒席の付き合いがあり、帰宅は午前様。 それでも、翌朝には満員電車に揺られて通勤。 「もう眠くて眠くて・・・」 「仕事中に眠くなってしまって、やる気が出ない」 「昼間は猛烈に眠いのに、夜ベッドに入ると逆に目がさえて眠れない」 などなど、慢性的な睡眠不足に陥っている方も多いですよね。 睡眠こそ健康の第一歩。わかっちゃいるけど・・・ ...

未分類

俳優・左とん平さん(80)が、体調不良で倒れ、都内の病院に救急搬送され、心疾患の手術を受けようです。 幸いにして手術は成功し、現在は快方に向かっているらしいということです。 左 とん平(ひだり とんぺい) 本名 肥田木 通弘(ひだき みちひろ) 生年月日 1937年5月30日(2017年6月現在、80歳) 出生地 東京都北区王子 身長 163cm 血液型 O ...

生活お役立ち

美容外科手術・若返り手術・レーザー治療から、やけど・ニキビ治療、皮膚がんの手術、床ずれの治療、寝たきり老人の訪問診療など幅広く活躍し、アンチエイジングに取り組む医師。 「120歳まで美しく健康に生きよう!」をモットーに「世界一受けたい授業」でも活躍中です。 澤田 彰史(さわだ あきふみ) 澤田彰史先生のプロフィール 趣味 釣り、ドライブ、温泉巡り、ゲーム、お ...

プロフェッショナル

しつこい肩こり、腰痛にお悩みの方に朗報! その痛みの原因は、今までの常識とされた原因とは全く異なるものだったのかもしれません。 「もう歳だから」「一生この痛みとは付き合っていく」 そんな風にあきらめていませんか? 原因がわかれば、その痛みから解放されるかもしれません! その原因とは・・・・ モヤモヤ血管 モヤモヤ血管とは 江戸川病院運動器カテーテルセンター長 ...

生活お役立ち

2004年、ケニアで猛威を振るい、半年間に125人もの人命を奪った「猛毒カビ」 多くの人を死に至らしめた、世界最強クラスとも言われる、この「猛毒カビ」とは一体どんなものなのか? その発見から、毒性、対処法などをまとめてみました。 カビ毒「アフラトキシン」 (aflatoxin , AFT) カビ毒(マイコトキシン)の一種で、10数種の関連物質の総称で、B1、 ...

スポンサーリンク

エンタメ

TBSのTV番組「今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!」で、歌手の麻倉未稀さんの乳がんが発見されるということがあったようです。 がんは何よりも早期発見が大事なので、不幸中の幸いでしたね。 麻倉 未稀(あさくら みき) 麻倉未稀さんのプロフィール 本名 高橋徳子(たかはしのりこ) 生年月日 1960年7月27日(2017年5月現在、56歳) 出身地 大阪 ...

プロフェッショナル

5月15日放映の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で「小児集中治療医」として紹介された植田育也先生の著書を紹介します。 植田育也先生が勤務されている埼玉県小児医療センターは、非常に高度な三次医療を担う専門病院のため、受診には紹介が必要です。 また植田育也先生はその中でも、「集中治療科」という命に係わるほどの重篤な子どもを預かる部門におられます。 つまり、よほ ...

生活お役立ち

若者だって物忘れの激しい人はいます。 しかし、ある程度の年齢になって以前と比べて物忘れがひどくなると、「これがボケの始まりか?」「アルツハイマーなのかも」と不安になってしまいますよね。 5月10日放映の「ホンマでっかTV」で泉ピン子さんのの物忘れについての相談がありました。 ご本人も「ボケなのか?」と不安になることがあるでしょうが、加齢による物忘れとボケ(認 ...

生活お役立ち

5月9日のクローズアップ現代で「がんや認知症も!?コワ~い“男の更年期障害”」が放映されました。 男にも更年期障害があることは知られていますが、がんや認知症にもつながる恐れがあるという内容で、自分の身を顧みて考えさせられる内容でした。 「疲れやすい」「元気がでない」「イライラする」 私は楽天家なので、滅多に「イライラする」というストレスを感じることはないので ...

プロフェッショナル

スウェーデンで活躍する泌尿器科でロボット手術のエキスパート。 お子さんの母としてしっかりと子育てをしながらも、医師としても多忙な毎日を送る。なんと、産後わずか3ヵ月で仕事に復帰されたそうです。 社会全体に子育てに協力的なスウェーデンの社会と日本を比較して 「日本だったらこの仕事量で子育てするのは不可能」 そう断言する日本人女性医師を追ってみます。 ...

スポーツ

一人の女子高校生がバレーボール界のアイドルとして注目を浴び、日本代表としても大活躍。芸能人としても成功し、12歳年下のスポーツマンと年の差婚。 全てが順調に見えた彼女の人生は、実は波乱万丈な山あり谷ありでした。   益子 直美(ますこ なおみ) 生年月日  1966年5月20日(2017年4月現在50歳) 出身地   東京都葛飾区   益 ...

プロフェッショナル

ちょっとした体の不調をナメてはいけない! 小さな不調を感じても、「このぐらい大丈夫」と油断しているうちに、それなりに深刻な症状にこじらせてしまった経験が誰にもあるのではないだろうか? 自然医学の権威であるお茶の水クリニック院長・森下敬一先生に、体のさまざまな困った症状を治す方法を聞いてみた。   まずは、風邪「ウイルスが原因のこともありますが、胃腸 ...

生活お役立ち

エレベーターや満員電車など、他人との距離が近い場所ではニオイが気になるもの。 他人が発するニオイは抑えようがないにしても、自分が発するニオイはできるだけ何とかしたい。 体のニオイに関する治療方法の開発や研究をおこなっている「体の臭い研究会」会長の相川佳之先生(湘南美容外科クリニック総院長)に、対策法を尋ねてみました。   自分では確認しづらい口臭 ...

子育て

2017年4月7日 東京都足立区で生後6か月の赤ちゃんが「乳児ボツリヌス症」で死亡。 その原因と考えられるのが ハチミツ なのです。 乳児ボツリヌス症とハチミツの因果関係は? そして気になる症状、大事な予防法まで、詳しく探ってみます。   乳児ボツリヌス症とは? 乳児ボツリヌス症とは、特に1歳未満の赤ちゃんがボツリヌス菌の芽胞を食品を通して摂取し、 ...

プロフェッショナル

女性にとって大きなリスクである、乳がん。 国立がん研究センターの2016年予測によると、 年間罹患数は約90,000人で、全てのがんの中で1位。 日本人女性の、実に11人に1人が生涯の中で乳がんに罹患していることになります。 罹患した場合の死亡率は20.6% 年間死亡数は約14,000人で、全てのがんの中で5位。 日本人女性の、70人に1人が乳がんで死亡して ...

スポンサーリンク

PAGE TOP