吉澤ひとみは飲酒運転常習者か【飲酒量はどのくらい?】

2018年9月14日

酒気帯び運転でのひき逃げで逮捕された吉澤ひとみ容疑者が運転していたワンボックス車はこの通り。

かなりへこんでいますので、それなりのスピードでぶつかったことがわかります。

果たして吉澤ひとみ容疑者の、飲酒量はどのくらいだったのでしょうか?

また、飲酒運転の常習だったのではないかという噂は本当なのでしょうか?

 

そして、なぜ事故を起こした直後に逃げてしまったのでしょうか。

なぜ逃げたのか

吉澤ひとみ容疑者は、自転車と接触した後にそのまま逃亡。

ひき逃げの約15分後に自ら警察に「自転車をひいた」と通報して現場に戻ったとされています。

警察の取り調べで、ひき逃げした理由について

車が多く駐車していて、停車することができなかった

 

「逃げたのではなく、駐車できなかった」という言い訳です。

もちろん、こんな言い訳が通じるはずはありません。

人身事故を起こした場合は、何をおいても負傷者の救護。

仮に大渋滞を引き起こしてしまったとしても、それが逃げる理由にはならないことは明らかです。

 

同乗者もいなかったということなので、ほぼ間違いなく、飲酒運転がバレることが怖くてとっさに逃げたのではないかと思われます。

下手に取り繕うことをしないで、包み隠さず全てを正直に話すことが、検察官や裁判官の心証に大きく響くと思うのですが。。。

 

酒気帯び基準の4倍の数値

警察が「酒気帯び運転」と認めるには、吸気法によるアルコール濃度測定の数値によります。

この数値が、1リットル中0.15mg以上検出されると、「酒気帯び運転」とされます。

違反点数と、罰則は次のようになります。

0.15mg以上、0.25mg未満 違反点数14点(90日間の免許停止)
0.25mg以上 違反点数25点(免許取り消し・欠格期間2年)

同時に、「3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」となります。

 

さらに数値に関係なく、

正常に歩行できない

ろれつが回らない

などの状態であると「酒酔い運転」となり、

違反点数35点(免許取り消し・欠格期間3年)

同時に、「5年以下の懲役、または100万円以下の罰金」となります。

 

吉澤ひとみ容疑者は、吸気法でなんと「0.58mg」だったそうです。

酒気帯びの基準の約4倍の数値です。

 

報道では、ビールの中ジョッキ3杯分の数値ということでした。

中ジョッキは約500mlなので、3杯で1500mlですね。

 

現場に戻った吉澤ひとみ容疑者から事情を聴いた警察官が、吉澤ひとみ容疑者が酒の匂いをさせていることから、発覚したということなので、飲酒については、隠せるものなら隠したかったのですね。

0.25mgを超えると一発で免許取り消しなので、そこを超えないようにという意識は酒好きの人でも必ず持っているものなのですが。。。

その「絶対に越えてはいけない」と意識されている数値の2倍以上ですからね。。。

 

個人差はあるものの、通常はこの数値であれば、足元がおぼつかなくなるくらいだそうです。

警察も「酒気帯び運転」であって「飲酒運転」としていないのですが、非常にうがった見かたをすれば、事故を起こしてすぐに警察に確保されていたら、「飲酒運転」とされる可能性もあったのではないでしょうか。

 

個人差はあるものの、一般的には酒気帯び運転の基準である、0.15mgは缶ビール1本でも超えてしまうといわれています。

その4倍ですので、缶ビール4本を飲んだ直後に近い状態と考えていいのでしょうか。

ちなみに、缶ビール1本と同等の数値を示すのは

ワイン 135ml
日本酒 98ml
ウイスキー 40ml

0.58mgが、この約4倍とすると

ワイン 540ml(ボトルの7~8割)
日本酒 392ml(2合強)
ウイスキー 160ml(シングル5杯強)

それなりの量を飲んでいますね。

 

しかも、事故を起こしたときは、都内のイベントに車で向かう途中だったとのこと。

まさか酔っ払い状態でイベントに参加するわけにもいかないので、夜通し飲んで、朝方に仮眠するなど、少し休んでそこそこ抜けてきた状態だったということも考えられます。

もちろん、数時間でアルコールが抜けるということはないのですが、トータルではどれだけ飲んだのでしょうか。

 

警察は、

0.58mgという数値から考えて、本人が申告している飲酒量と合わない。

つまり、少なく申告しているのではないかということで取り調べているようです。

ここまできて、まだ隠すのかな。。。。

 

飲酒運転の常習?

ネット上では、吉澤ひとみ容疑者は、飲酒運転の常習犯だったのではないかと噂になっています。

「すぐ近くの家までちょっとだけならまだしも、酒気帯び運転で仕事に行こうとするなんて、普通の神経では考えられない。

間違いなく、常習だよ!」

 

確かに、これが初めてだとはとても思えないですね。

普段から飲酒運転をしていて、「万が一、見つかったら大変だ」という思いを持っていたからこそ、事故を起こしたときにとっさに「逃げなければ」と考えたのではないでしょうか。

もちろん、すべては憶測ですが。。。

 

合わせてお読みください

吉澤ひとみの刑罰は【ひき逃げは懲役何年?】インスタが大炎上

吉澤ひとみ容疑者、留置所へ移送【事故現場は東中野駅前】

吉澤ひとみ、ひき逃げ事故の詳細【自ら通報して自首】

吉澤ひとみが勾留されている留置所はここ!【いつまで勾留されるのか?】拘置所との違い

吉澤ひとみ虚偽の供述か?【アルコール度数低い酒2~3杯】検証してみました

吉澤ひとみ供述検証・缶酎ハイ3本で基準値の4倍は可能か?

吉澤ひとみの芸能界復帰は可能か?【大人DVD出演の噂も】

吉澤ひとみ虚偽供述が確定【ドライブレコーダー公開】ブレーキを踏んだのは一瞬


PAGE TOP