有馬-高槻断層帯とは?【大阪北部地震の原因か】デマ情報に注意!

6月18日(月)7時58分頃、大阪府で最大震度6弱を観測する大きな地震がありました。

震源地 大阪府北部
マグニチュード 6.1
震源の深さ 約13km

大きな震度が観測された地域

最大震度6弱

大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市

震度5強

京都府京都市、亀岡市など18の市区町村

 

また、近畿地方のみならず、東は関東地方から、西は九州地方の一部でも震度5弱から1が観測されました。

※この地震による津波の心配はありません。

 

気象庁によると

地下の浅いところで起きた直下型地震。

発生原因は、東西方向から押される力だが、断層が上下にずれる『逆断層型』かは今後解析しないと分からない。

 

震源地となった大阪北部は過去に大きな地震の発生が少なく、

大阪府で震度6以上を観測するのは、観測制度が整った大正12年以降、95年目にして初めてということです。

 

今回の地震の震源近くには、最近400年以上、目立った活動記録がないということで、非常に珍しい地震でした。

 

今後の警戒

大地震の発生後に同程度の地震が発生する確率が1~2割あると言われています。

特に、揺れの強かった地域では、1週間程度は最大震度6弱程度の規模の大きな地震が続く恐れがあるということです。

 

有馬-高槻断層帯が原因か?

震源近くには「有馬-高槻断層帯」があるため、この活断層の一部として動いた可能性があるようです。

高槻市の市街地北部から、神戸市北区の有馬温泉西方に伸びる長さ約55kmの断層で、この「有馬-高槻断層帯」によって、1596年9月にM7・5の慶長伏見地震が発生したと推定されています。

このときの断層のずれは約3m程度で、慶長伏見地震によって、京都や堺で1000人以上が死亡したという記録があります。

めったに地震は起きないけれど、起きたときには大きな災害をもたらす可能性があったわけですね。

 

地震調査研究推進本部によると

◆今後30年以内に「有馬-高槻断層帯」でM7.5程度の巨大地震が発生する確率は、最大でも0.03%と評価していました。

◆有馬-高槻断層帯は活動度の高い断層帯で、過去約3千年間に3回活動し、活動の間隔は1000~2000年程度。

まさに数百年から千年に一度の大地震ということになります。

 

阪神淡路大震災との関連

大阪ということで、平成7年の阪神淡路大震災との関連が気になるところです。

しかし、兵庫県の活断層とは離れており、阪神淡路大震災との関連は薄く、南海トラフとの関係性についても「強くはないだろう」とのことです。

 

気象庁によると

「陸のプレート内部で起きた地震で規模自体があまり大きくなく、直接影響を与えているとは考えにくい」

デマ情報にご注意を

すでに多くの被害状況が報告されていますが、中にはデマも含まれているようです。

特にツイッターなどの情報には注意が必要です。

過去の震災時も同じようにデマ情報が流れて、被災された方にまで迷惑が掛かってしまったことがあります。

ニュースソースの確認、動画などしっかりと確認できる情報の選別などが必要です。


PAGE TOP