平尾龍磨の逮捕場所はここ【単純逃亡罪とは】

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱走した、受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が逃亡先の広島市内で逮捕されました。

平尾 龍磨

平尾龍磨容疑者は、窃盗罪などの罪で逮捕され有罪判決を受けた後に、愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場に服役していました。

 

松山刑務所大井造船作業場

4月8日午後6時過ぎに脱走。

刑務所の防犯カメラに走って逃げる様子が映っていたということです。

脱走後に、逃走するために盗んだとみられる車が、広島県尾道市の向島で発見されました。

広島県警と愛媛県警は、平尾龍磨容疑者が脱走後に、盗難車の発見と並んで、向島で現金や衣類が盗まれる被害が相次いだことから、平尾龍磨容疑者が向島の山中に潜伏している可能性が高いとみて、大規模捜索で行方を捜していました。

 

広島市内で発見・逮捕

4月30日日午前11時25分

JR広島駅前のインターネットカフェから、110番通報がありました。

「平尾に似た男がいる」

この通報された情報をもとにして、広島県警の捜査員が現場へ急行します。

広島東署の警官が捜索したところ、平尾龍磨容疑者とよく似た男を発見。

警察の追跡がついた平尾龍磨容疑者は路地に入って逃走。

小学校の塀をよじ登ろうとしたところで追いついた署員が取り押さえて、身柄を確保しました。

通報から逮捕まで、わずか13分という早業でした。

 

身柄を確保された男は、

平尾龍磨容疑者本人であることを認める

指紋が一致

ヤケドの痕が一致

などから、平尾龍磨容疑者と断定しました。

 

潜伏しているとされていた向島から、直線距離70km以上。

歩いていったとすれば、約85km、約18時間以上の道のりです。

向島から本州までは「海を泳いで渡った」そうです。

 

平尾龍磨容疑者の逮捕現場

ツイッターで投稿された逮捕の瞬間がこちら

この写真の向こう側に移っているのは、広島市立荒神町小学校です。

ストリートビューで確認したところ、この地点に間違いないと思われます。

 

広島市立荒神町小学校の北側道路

小学校の塀をよじ登って逃走しようとしていたということですが、今日が祝日で児童がいないのが幸いでした。

平日で、もし塀を乗り越えて小学校内に侵入していたらと思うと、本当に不幸中の幸いでした。

 

単純逃亡罪とは

今回の逃走によって、既に有罪判決を受けていた窃盗罪に加えて、単純逃亡罪が適用されます。

単純逃走罪とは、裁判の執行により拘禁された者が逃走すること。

法定刑は1年以下の懲役

ちなみに、未遂の場合も処罰されます。

今度こそしっかりと罪を償ってもらいたいものですね。


PAGE TOP