ダマされたフリ作戦を逆手に取った詐欺多発!

振り込め詐欺対策として「ダマされたフリ作戦」、さらにその裏をかく巧妙な手口が頻発しているのだとか。

ダマされたフリ作戦とは

振り込め詐欺の犯人から、不審な電話があったとき、警察の指示で犯人にだまされた振りをして、現金の受け渡しに表れた犯人を警察に逮捕させる作戦です。

ところが、この「ダマされたフリ作戦」を逆手にとった詐欺の手口が問題となっています。

 

だまされたふり作戦悪用詐欺

ある女性宅に、甥を名乗る男が「お金が必要になった」と電話がありました。

この電話の後に、警察から電話が入ります。

女性は詐欺であることを疑っていたので、この警察官に事情を話します。

そこで警察官は、

「それは詐欺犯に間違いない。犯人逮捕にご協力ください」

もちろん、この警察官は振り込め詐欺犯の一味。

「お金の受け渡しのときに逮捕するので、お金を用意してください」

こうして女性は、「だまされたふり作戦」のために警察官に300万円の現金を渡します。

こうして詐欺犯は300万円を手にしたのです。

 

何日たっても警察から連絡がないことを不審に思った女性が警察に連絡をして事件が発覚しました。

 

振り込め詐欺にあわないために

必ず本人に確認する

お金を用意してほしいと連絡があったら、必ずこちらから確認の連絡をすること。

詐欺犯は、電話番号やメールアドレスが変わったことにして新しい番号やアドレスを教えます。

元の番号やアドレスを使って連絡をして確認すること。

 

本人しか知らない情報を確認する

詐欺犯はなりすます人の詳細な情報を持っていることが多いです。

小さな子供のころの出来事など、家族以外は知らない情報を確認してください。

 

さりげなく偽情報を伝える

あえて偽の情報を伝えて反応を見るのは最も確実です。

例えば、実在しない親戚の話をする。

「そういえば、●●叔父さんの娘の▲▲ちゃんがね・・・・」

そんな人物はいないので、本人ならば「誰それ?」という反応になるはず。

しかし、詐欺犯ならば知らない情報を相手がしゃべり始めれば、話を合わせるはずです。

「あ~▲▲ちゃんね~・・・・ところでさ。。。」

と相槌を打ったうえで話題を切り替えるでしょう。

これで確定です!

 

だまされたふり作戦悪用詐欺対策

相手が警察を名乗っているからといって信用してはいけない。

しかし、むやみに疑うのも・・・・

警察が「だまされたふり作戦」をするときには、次のことに注意するように呼び掛けています。

 

現金は絶対に預からない

警察は犯人逮捕のために模造紙幣を使います。

絶対に現金は使いませんので、警察と言えども現金を渡さないようにしましょう。

 

電話だけでは協力を求めない

警察が協力を要請する場合は、必ず警察官が直接伺って説明します。

もちろん、身分証を提示します。

電話だけで協力を要請するのは詐欺犯に間違いありません。

くれぐれもご注意を!


PAGE TOP