眉村ちあきの生い立ち【アイドルにして実業家】ライブ伝説が凄い

今注目の、天才シンガーソングライター。

アーチストとしてだけではなく、会社を自ら経営し、独自の作曲センスと高い歌唱力が話題です。

眉村 ちあき(まゆむら ちあき)

生年月日 1996年(平成8年)9月12日
年齢 2018年9月で22歳
出身地 東京
愛称 ちちゃん
肩書 株式会社会社じゃないもん代表取締役社長
レーベル レーベルじゃないもん(2018年 – )
トイズファクトリー(2018年9月~)
事務所 会社じゃないもん(2017年12月22日 – )

 

生い立ち~アイドルデビュー

父親が沖縄県出身で、幼い頃から沖縄の音楽に親しんできた眉村ちあきさん。

小学校1年生の時にエレクトーンをやっていたそうですが、1ヵ月でやめてしまいます。

運動も勉強もできて、学級委員や代表委員長まで務めた優等生だったそうです。

中学時代もバレーボール部に所属していましたが、中学2年生のときから歌手になりたいと思い始めたそうです。

ちなみに、当時は、K-POPにはまり、東方神起の大ファンだったそうです。

高校では、バイトがメインの生活でしたが、勉強も下降線をたどり、高校3年生のときには歌手を夢みてボイストレーニングを始めます。

 

高校を卒業後、本格的に歌手への道を進むために専門学校に入学。

実は大学進学を勧める両親に対して、

「友達が大学を卒業するまでの4年間で必ず成功するから、4年間歌をやらせてほしい」

と説得したそうです。

 

5月には、高校時代に通っていたボイストレーニングの先生の紹介で、アイドル活動を始めます。

Star-Bright★REX

2016年7月まで活動していました。

 

ソロ活動を開始

2016年2月11日 自ら作詞・作曲・編曲をした楽曲でライブ活動を始め、ソロ活動をスタートさせます。

2017年2月 映画「夢の音」のオーディションに参加し、主人公・三上葵役として出演。

その後もソロ活動を重ね、メディアに紹介されるようになります。

 

異色のライブ活動

活動3年目の2018年8月4日土曜日

新宿LOFTでワンマンライブを行うことを決意。

LOFTといえば、歌舞伎町にある超有名な老舗ライブハウスです。

「土曜日なので300人以上は呼べないと貸すことができませんよ」

といわれて

「呼べます!」

と即答。

 

しかし当時の眉村ちあきさんを目当てにライブに来る固定ファンはわずか4~5人

本人は、100%できる自信があったそうですが、ムチャにもほどがあります。

 

ところが、このライブの2か月ほど前の2018年6月10日

テレビ東京の「ゴッドタン」という番組の「このアイドル知ってんのか!? 2018」

「色んな意味でヤバイアイドル部門」第1位に輝き、この番組を見たトイズファクトリーからオファーが届きます。

この出演の影響も大きく、見事に450枚のチケットを売り、ライブは大成功!

 

2018年2月11日

阿佐ヶ谷家劇場救済ワンマンライブ

阿佐ヶ谷家劇場がドタキャンに会い、終日空きができてしまったために、急遽昼間に2時間のワンマンライブと、夜の主催イベントを敢行!

 

2018年3月3日

「眉村ちあき ジャックツアー【バスジャック編】」

貸切バスの車内でライブを行いながら渋谷周辺を周回するという異色の企画を実施。

バス会社にいきなり

「バスジャックしたいんですけど」

と問い合わせて驚かせたという強者ぶりを発揮。

 

この企画が好評で、月1回ペースで行われています。

 

がむしゃらにライブを行うことで顔を売り、なんと1年間で426本のライブ出演をしたそうです。

 

実業家・眉村ちあき

歌手として大きく飛躍しつつある眉村ちあきさんですが、自ら会社を設立して実業家としても活躍しています。

2017年12月22日 「株式会社 会社じゃないもん」設立を発表。

「会社じゃないもん」の株式は、総株式数5000株のうち1000株を限度に1株あたり1万円でファンに対して分譲しているのです。

株種は3種類

A券 1株
B券 5株
C券 10株

 

株主は、毎年2月開催予定のの株主総会に参加し、各種株主優待および、配当も予定しています。

株式会社会社じゃないもん

設立日 2017年(平成29年)12月22日
資本金 100万円
主要取引先銀行 三井住友銀行
代表取締役 眉村ちあき

すごいアーチストが表れたものです。

今後の活躍に注目しましょう!


PAGE TOP