脱水症による脳梗塞とは?徳永英明が緊急搬送されて入院

徳永英明さんが軽度の脳梗塞で救急搬送。

1週間程度の入院で、新潟&富山2公演は延期。

所属事務所の発表によると

9月4日のお昼頃、事務所にてスタッフと談笑していたところ、激しい立ち眩みのような症状になり、ソファで横たわっていたのですが、いつもと違うような感じに思えたスタッフが大事をとって救急車をよびました。

以前からお世話になってる病院に搬送され、その後簡易検査をうけました。

念の為に昨夜一日入院し、本日大事をとって改めて精密検査を行う予定です。

 

病院で精密検査を行った後に続報として次の通りに発表しています。

「脱水症状による軽度の脳梗塞のため、1週間程度の入院および経過観察」

との診断をうけ現在引き続き入院しております。

今週末に予定されていた9月8日(土) 新潟テルサ、9月9日(日) 富山 ・ オーバードホールでのコンサートは一旦延期とさせていただくことになりました。

当日を楽しみにされていたお客様、本当に申し訳ございません。

またいつも応援していただいてる皆様にもご心配をおかけし、重ね重ねお詫びいたします。

その後の公演に関しましては、経過観察後の状態をみて随時判断させていただきます。

何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、新潟、富山の延期公演の日程に関しましては、2018年10月頃に代替スケジュールの発表を予定しております。

新潟公演、富山公演のチケット払い戻し希望の方は、キョードー北陸チケットセンター (TEL : 025-245-5100) までご連絡ください。

 

徳永 英明(とくなが ひであき)

生年月日 1961年(昭和36年)2月27日
年齢 2018年9月現在、57歳
出身地 福岡県柳川市
小学校 福岡市立別府小学校
中学校 伊丹市立南中学校
高校 伊丹市立伊丹高等学校卒業
身長 175cm

上京から紅白出場まで

高校卒業後に、大阪の観光専門学校へ入学するも中退して、音楽の道をあきらめきれず上京。

アルバイトをしながらミュージシャンを目指しました。

 

父親と、25歳までにデビューできなかったら、帰省して就職することを約束させられての上京でした。

音楽業界とのつながりが全くなかったために、まずはレコード会社近くの飲食店でアルバイトをして、音楽業界の人と顔見知りになり、自作した曲をカセットテープに録音したものを渡すという地道な活動から始めました。

 

そんな地道な活動から、徐々に活動範囲を広げ

新宿のライブハウス「ルイード」でライブを行ったり、『スター誕生!』第44回決戦大会に出場するなどしてきましたが、なかなかデビューにまではつながらず、数年がたちます。

 

そして1985年

ロックミュージカル「はらじゅくグラフィティ」のオーディションに参加し、歌唱力を評価されて主演・トニー役に抜擢されました。

ミュージカルですが、歌手としてではなく、俳優としてのデビューでした。

 

これできっかけをつかんだことで、父親との約束まで残り1か月あまりとなった、1986年1月21日。

アルバム『Girl』、シングル「Rainy Blue」で歌手デビューを飾ります。

 

その後は、歌手と俳優を兼ねながら知名度を高めていきます。

そして、1989年

10枚目のシングル「壊れかけのRadio」がTBS系ドラマ『都会の森』の主題歌となり、オリコン最高5位となる自身初の大ヒットを生み出しました。

その後は、安定した人気に支えられて音楽活動を続けてきました。

2006年 デビュー20周年の年に、第57回NHK紅白歌合戦に『壊れかけのRadio』で、念願の初出場を果たしました。

 

徳永英明の妻・子ども

徳永英明さんには、奥様と2人のお子さんがいらっしゃいます。

1994年9月 33歳の時に、元「VIVI」モデルの高野ゆみさんと結婚。

※当時の新聞記事では「高橋ゆみ」と発表されており、どちらかの情報が正しいのかは未確認です。

元モデルらしく、スタイルのいいスレンダー美人です。

 

徳永さんが一目惚れしたようなのですが、実は初めて電話で話したときに

「この人は自分の奥さんになるんだ」

と思ったらしいのです。

一目惚れではなく、一耳惚れ?

声を聴いただけで恋に落ちてしまうとはすごいですね。

 

1995年 第一子となる長男・勇翔(ゆうしょう)くんが誕生。

成城学園からアメリカへ留学したという情報があります。

 

1998年 第二子となる次男・れいにくんが誕生。

兄と同じく成城学園卒業で、バンド活動をしていたという情報があります。

 

徳永英明の病歴

実は徳永英明さんは、過去にも何度か体調問題で音楽活動を休止した時期がありました。

 

1993年1月 声帯ポリープ手術

歌手としては致命傷ともなりかねない声帯ポリープ。

手術のためにツアーを延期せざるを得なくなりましたが、無事に復帰を果たしています。

しかし、その後も「急性扁桃炎」でツアーを延期するなど、苦しんでいました。

 

2001年5月 もやもや病のため、コンサートツアーを中止。

「もやもや病 (ウィリス動脈輪閉塞症)」

脳にある内頚動脈という太い脳血管の終末部が細くなり、脳の血液不足によって、一時的な手足の麻痺、言語障害を起こす病気です。

血流不足を補うために拡張した脳内の血管が、細くもやもやした状態に見えることから「もやもや血管」と言われるようになっていることから「もやもや病」と呼ばれます。

現在のところはっきりした原因は解明されていません。

人口10万人あたり6~10人程度が発症すると考えられており、平成25年度の患者数は、1万6086人です。

本人がもやもや病の場合、その家族や親族にも、もやもや病の方がいる可能性が10~12%程度ありうるといわれています。

脳卒中の予防のために、新たに血流の供給をするようなバイパス手術を行うこともあります。

 

ちなみに、もやもや血管は、脳以外の部分に出来て、痛みの原因となることもあります。

モヤモヤ血管治療で長年の痛みが取れる。カテーテル治療の予約、治療内容、料金。【奥野祐次先生】

徳永英明さんは、1年半の治療期間を経て、音楽活動を再開できるまでに回復しました。

そして、発症から15年後の2016年2月22日に、脳梗塞発症予防のために開頭して、左複合バイパス手術を行っています。

今回の緊急搬送も、

「病気の影響でたまに立ちくらみを起こしているが、今回はいつもと違うような感じだったので、スタッフが大事を取って救急車を呼んだ」

とのことです。

 

脱水症による脳梗塞

ところで、緊急搬送された診断結果が「脱水症による脳梗塞」でしたが、脱水症で脳梗塞になることがあるのでしょうか?

調べてみました。

 

実は脳梗塞や心筋梗塞のリスク要因のひとつに、「体内の水分不足」があげられます。

あまり知られていませんが、汗の原料は血液なのです。

血液から赤血球などを取り除いた「血漿(けっしょう)」から汗のもとがつくられます。

 

そして、汗を多くかくことで水分と塩などの電解質が失われ血液が濃くなり、血液中に含まれる脂肪が多い、いわゆる「ドロドロ血」や、高血糖の「ベトベト血」といわれる状態になって、血管が詰まりやすくなってしまいます。

これによって、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなるのです。

 

脳卒中や脳梗塞は、寒い冬に多いと感じている方が多いと思いますが、国立循環器病センターの調査で、脳梗塞は夏にも多く発症していることがわかっています。

まだ暑い日が多いので、気をつけたいですね。


PAGE TOP