特発性大腿骨頭壊死症とは・坂口憲二の復帰はいつ?

人気俳優の坂口憲二さんが、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、無期限で芸能活動を休止することを発表しました。

所属する芸能事務所「ケイダッシュ」も契約満了となる5月末で退社し、治療に専念するそうです。

 

坂口憲二さんのコメント

『ご報告』

私は、この度、芸能活動を休止するとともに長きにわたりお世話になっていました所属事務所も退社することといたしました。
一部報道にあったとおり、約3年前から体調を崩しており、このままでは仕事関係者の皆様にもご迷惑をお掛けすることになり、これ以上仕事を続けていくことはできないと判断しました。

私の病気は特発性大腿骨頭壊死症という病名です。手術を受け、約3年間で症状は以前より軽減されましたが、いつまた悪くなるかわからない状態でいざ仕事となったときに自分の力をセーブしながら続けるのも困難だと考え、この度の結論に至りました。

しばらくは治療に専念して、しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたいと思います。それが表現の世界なのか、また全く違った世界なのかは、今現在はわかりません…

自分のような人間がここまでやってこられたのも、業界の皆様、事務所の皆様、家族のみんな、そしてどんな状況でも応援してくれたファンの皆様だと思っています。
皆様には感謝しかありません。

本当にありがとうございました

坂口憲二

坂口憲二さんの患った難病・特発性大腿骨頭壊死症とは?

特発性大腿骨頭壊死症へジャンプ。

そして、復帰時期はいつ頃になるのでしょうか?

 

坂口 憲二(さかぐち けんじ)

生年月日 1975年(昭和50年)11月8日
年齢 2018年4月現在、42歳
出身地 東京都世田谷区
小学校 世田谷区立等々力小学校
中学校 明治大学付属中野中学校
高校 明治大学中野高等学校
大学 ハワイ東海インターナショナルカレッジ
身長 185cm
胸囲 99cm
胴囲 83cm
所属 ケイダッシュ

プロレスラーの父と兄を持つ坂口憲二さん。

明治大学中野中学・高校なので、そのまま明治大学なのかと思いきや、ハワイの大学に進学していますね。

実は、大学受験に不合格となり、父のコネでハワイ東海インターナショナルカレッジを受験して合格したということです。

そのころに、英会話やサーフィンを取得したということです。

帰国後、1999年にファッション雑誌『MEN’S CLUB』でモデルデビューし、モデルとして活動を始めます。

イケメン、マッチョで人気モデルだったのですが、テレビドラマ『ベストフレンド』でデビューを果たしてからは俳優としての人気が高まり、俳優業に専念します。

その後の映画やドラマでの活躍はご存知の通り。

 

坂口憲二の元カノ

坂口憲二さんの元カノとして有名なのは2人。

1人目は、2002年のテレビドラマ『天体観測』で共演した女優の小雪さん

本名 松山 小雪(旧姓:加藤)
生年月日 1976年(昭和51年)12月18日
年齢 2018年4月現在、41歳
出身地 神奈川県座間市
血液型 O型

しかし、3年間の交際の末に2005年に破局したといわれています。

小雪さんは、その後、2011年4月に俳優の松山ケンイチと結婚。

その後、3人のお子さんを出産されています。

 

2人目はモデルの桜井裕美さん。

生年月日 1981年(昭和56年)5月24日
年齢 2018年4月現在、36歳
出身地 滋賀県大津市
血液型 A型
公称サイズ 85 – 58 – 85 cm
身長 171cm
靴のサイズ 23.5 cm

『JJ』専属モデルとして活躍し、映画やテレビドラマ、バラエティ番組、ラジオ番組などを舞台としての幅広く活動。

2009年頃から交際している様子が週刊誌に報じられていました。

その後、同棲を報じられて、結婚間近と言われていましたが、2013年春ごろに破局。

その後、2016年5月12日、一般男性と結婚。

デキ婚だったようで、11月1日に、第1子となる男児を出産しています。

 

坂口憲二の奥さん

桜井裕美さんとの破局後、知り合ったのが現在の奥様。

当時、都内で飲食店を経営されていて、俳優仲間の伊藤英明と共にその店を訪れたことがきっかけでした。

京都出身の当時30代前半で、身長は162cm、抜群のスタイルと報じられています。

清楚で、黒髪ロングで和服の似合う京都美人である彼女に、坂口憲二さんの方がひと目ぼれしたのだとか。

 

坂口憲二さんが猛アタックをかけて交際に発展。

交際半年後の2014年3月18日に入籍というスピード婚となりました。

一般人である奥様に関する情報は少なく、様々な噂がありました。

故人である、やしきたかじんさんの元カノであった

バツイチで、坂口憲二さんと出会ったときすでに小学校高学年になる息子さんがいて、元夫が引き取って育てている

当時の報道では、やんわりと否定されているようではありますが、真相は不明です。

 

ちなみに、一部報道で奥様は老舗料亭「菊乃井」の若女将である村田紫帆さんではないかという噂もありましたが、こちらはガセネタであることがわかっています。

 

坂口憲二の子ども

2014年3月18日入籍の坂口さんご夫婦ですが、2014年9月20日に第1子となる男の子が誕生しています。

つまり、デキ婚だったのですね。

 

2016年5月29日には、第2子となる男の子が誕生して、現在は2人のお子さんと奥さんとの4人家族ということになります。

 

股関節の痛みを訴える

坂口憲二さんが初めて痛みを訴えたのは、2012年8月ごろ。

初舞台となる「十三人の刺客」の期間中に痛みを訴えるようになり、痛み止めの薬を飲んでしのいでいたといいます。

これ以降も慢性的な痛みを抱えながら俳優業は続けていました。

 

その後、入籍直後の2014年6月14日に女優・加藤あいさんの結婚式に出席した時に松葉杖をついて表れたことで、かなり悪化していることが発覚します。

当時の報道によると

「右股関節に水がたまり、軟骨損傷や関節唇損傷の疑いがある」

と診断されていた。

ドラマ撮影中に右股関節をひねったのが原因とされていました。

 

2014年7月に精密検査のために入院し、俳優業も一時休業することとなります。

「手術の必要はなく、入院は10日程度と思われます」

とされて、退院後は自宅療養。

予定していたドラマ収録もキャンセルして治療に専念しました。

 

当時は、早ければ8月から仕事復帰の見通しとされていたのですが、なかなか改善されず、いわゆる「消えた」状態になっていました。

 

原因が判明したのは、2015年春ごろ。

指定難病の「特発性大腿骨頭壊死症」と診断され手術を受けました。

手術後は日常生活に支障がない程度にまで痛みも軽減されて、CMで仕事復帰もしました。

しかし、

「いつまた悪くなるか分からない状態」

「俳優として自分に求められている演技ができない」

として、今年1月末に事務所側に活動休止と退社の意思を伝えていました。

 

「しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」

 

退社を発表した事務所側も

「坂口本人が望むなら、また契約をしたい」

 

1日も早い復帰を願っています。

 

坂口憲二の父

坂口 征二(さかぐち せいじ)

生年月日 1942年(昭和17年)2月17日
年齢 2018年4月現在、76歳
出身地 福岡県久留米市
柔道 五段

1965年、全日本柔道選手権で優勝

1965年、 リオデジャネイロ世界柔道選手権銅メダリスト。

後に、プロレスラーとして大活躍しました。

ニックネーム 世界の荒鷲
身長 196cm
体重 125kg
デビュー 1967年(昭和42年)8月5日
引退 1990年(平成2年)3月15日

1968年のメキシコシティオリンピックに柔道競技が行われないこと。

1965年に最大のライバルであった東京オリンピック金メダリストのヘーシンクが引退してしまったことなどで、目標を見失ったことにより、プロレスラーに転身。

アメリカでの武者修行からの凱旋帰国後はジャイアント馬場、アントニオ猪木に次ぐスターとなりました。

新日本プロレスでは、1989年6月に代表取締役社長に就任。

1999年6月 代表取締役会長
2002年6月 代表取締役会長兼最高経営責任者
2003年6月 最高経営責任者
2005年4月1日からは相談役となっています。

 

坂口憲二の兄

坂口 征夫(さかぐち ゆきお)

通称 荒鷲二世
生年月日 1973年(昭和48年)7月26日
年齢 2018年4月現在、44歳
出身地 東京都世田谷区
身長 177cm
体重 77kg
所属 DDTプロレスリング
階級 ライト級

土木施工管理技師にして、水道管工事会社代表も務めるプロレスラー。

 

次のページでは、

特発性大腿骨頭壊死症

について解説します。


PAGE TOP