ニュース, プロフェッショナル

ガイアックス(東京・千代田)の社長、上田祐司容疑者(43)=東京都品川区東品川4=を住居侵入の疑いで現行犯逮捕しました。 上田容疑者は「侵入したのは間違いない」と容疑を認めているといるようです。 逮捕容疑は10月2日午前8時45分ごろ、福岡県古賀市にある上田容疑者の妻の実家で、義父(61)の制止をふりきって自宅に侵入した疑い。 上田容疑者の妻が数日前に子供2 ...

プロフェッショナル

今年のノーベル賞の発表を前に、受賞が有力視される世界の研究者22人をアメリカの学術情報サービス会社「クラリベイト・アナリティクス」が発表しました。 日本からは化学賞で、桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授(64)が「ペロブスカイト太陽電池」の研究で候補として名前が上がっています。 宮坂力 特任教授コメント ペロブスカイト太陽電池の研究がものすごい勢いで広がっているこ ...

プロフェッショナル

【訃報】絵本作家・わかやまけん氏、2年前に85歳で死去していた 「こぐまちゃんえほん」シリーズで知られる。遺族の意向で伏せられていたが、開催中の原画展により死去が明らかにされた。 pic.twitter.com/PUM9u2MqhO — ライブドアニュース (@livedoornews) 2017年8月17日 「こぐまちゃんえほん」シリーズで知られる絵本作家 ...

プロフェッショナル, 生活お役立ち

「有名研究者が一度は在籍する、睡眠研究のメッカ」と称されるスタンフォード。 そして、世界最新の睡眠データが蓄えられた、スタンフォード大学医学部の現役教授で、世界一の睡眠研究機関の所長として活躍「睡眠研究の世界的権威」が語る、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」をもたらす最高の睡眠法を伝授するのは、この方!。 西野 精治(にしの せいじ) 生まれ 1955年(昭 ...

プロフェッショナル, 健康・美容

食道がんの手術はがんの手術の中でも、最も大がかりなもののひとつとして知られています。 体にかかる負担も大きく、手術死も少なくありませんでした。 そこで、内視鏡外科手術(胸腔鏡・腹腔鏡手術)によって、体の負担を大幅に軽減し、合併症の減少に成功した名医がいます。   村上 雅彦(むらかみ まさひこ) 出身大学 昭和大学医学部卒業 専門領域 上部消化管の ...

プロフェッショナル, 健康・美容

首の痛みや手足の痺れ、麻痺で苦しんでいる方にとって、頼れるスーパードクターを紹介します。 変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア・頚部脊柱管狭窄症など首の病気の最新治療法「K-method(低侵襲頸椎椎弓形成術)」を開発し、18年間で7000例以上を手がけたた名医です。   木原 俊壱(きはら しゅんいち) 生年月日 1960年4月5日(2017年7月現 ...

スポンサーリンク

プロフェッショナル, 健康・美容

脳腫瘍といえば、1万人に1人が発症するといわれる難病。 手術のためには高い技術を要するために、世界中の名医が高い技術を競っています。 そんな脳腫瘍の手術の世界ナンバーワンと評判の日本人医師がいます。   The Last Hope「ラストホープ」 福島 孝徳(ふくしま たかのり) 生年月日 1942年10月15日(2017年7月現在、74歳) 出身 ...

プロフェッショナル

しつこい肩こり、腰痛にお悩みの方に朗報! その痛みの原因は、今までの常識とされた原因とは全く異なるものだったのかもしれません。 「もう歳だから」「一生この痛みとは付き合っていく」 そんな風にあきらめていませんか? 原因がわかれば、その痛みから解放されるかもしれません! その原因とは・・・・ モヤモヤ血管 モヤモヤ血管とは 江戸川病院運動器カテーテルセンター長 ...

プロフェッショナル

5月15日放映の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で「小児集中治療医」として紹介された植田育也先生の著書を紹介します。 植田育也先生が勤務されている埼玉県小児医療センターは、非常に高度な三次医療を担う専門病院のため、受診には紹介が必要です。 また植田育也先生はその中でも、「集中治療科」という命に係わるほどの重篤な子どもを預かる部門におられます。 つまり、よほ ...

プロフェッショナル

スウェーデンで活躍する泌尿器科でロボット手術のエキスパート。 お子さんの母としてしっかりと子育てをしながらも、医師としても多忙な毎日を送る。なんと、産後わずか3ヵ月で仕事に復帰されたそうです。 社会全体に子育てに協力的なスウェーデンの社会と日本を比較して 「日本だったらこの仕事量で子育てするのは不可能」 そう断言する日本人女性医師を追ってみます。 ...

プロフェッショナル

ちょっとした体の不調をナメてはいけない! 小さな不調を感じても、「このぐらい大丈夫」と油断しているうちに、それなりに深刻な症状にこじらせてしまった経験が誰にもあるのではないだろうか? 自然医学の権威であるお茶の水クリニック院長・森下敬一先生に、体のさまざまな困った症状を治す方法を聞いてみた。   まずは、風邪「ウイルスが原因のこともありますが、胃腸 ...

プロフェッショナル

女性にとって大きなリスクである、乳がん。 国立がん研究センターの2016年予測によると、 年間罹患数は約90,000人で、全てのがんの中で1位。 日本人女性の、実に11人に1人が生涯の中で乳がんに罹患していることになります。 罹患した場合の死亡率は20.6% 年間死亡数は約14,000人で、全てのがんの中で5位。 日本人女性の、70人に1人が乳がんで死亡して ...

スポンサーリンク

PAGE TOP