チャイナエアライン120便炎上事故の教訓【危険なエアライン・安全なエアラインはここだ!】

2007年8月20日

沖縄県那覇市にある那覇空港で発生した航空事故について検証してみましょう。

中華民国(台湾)・台北発那覇行きのチャイナエアライン120便(ボーイング737-800型機)が、那覇空港到着直後にエンジンから出火し爆発、炎上。

幸いなことに、火災が広がる前に全員が脱出し、機体は全焼しましたが死者は出ませんでした。

チャイナエアライン120便炎上事故

機種 ボーイング737-800
運用者 チャイナエアライン
乗客数 157名
乗員数 8名
機長(48歳)と副操縦士(26歳)を含む
負傷者数 3名
死者数 0名

チャイナエアライン120便は、那覇空港に着陸し、駐機場へ到着します。

その直後の10時33分ごろ、エンジンからの燃料漏れで出火、炎上。

機体は一部を残して焼け落ちるという大事故でしたが、乗客乗員の165人は、全員無事避難し、死者は出ませんでした。

 

事故の経過

9:14(日本時間)

台湾の台北国際空港を離陸。

10:27

那覇空港滑走路に着陸。

10:28

空港北側にある駐機位置の41番スポットに向かう。

10:32

駐機位置の41番スポットに到着

このとき地上にいた整備員が右主翼燃料タンクから燃料が漏れていることを目撃しています。

10:33

漏れていた燃料に着火。

整備員が目撃し、機長に報告。

ベルトサインが消え、手荷物を取り出し始めていた乗客は、乗員の緊急脱出の指示で全員が脱出用シューターで機外に避難。

10:34頃

管制官は、空港消防、空港事務所の航空管制運航情報官および航空自衛隊に火災発生による出動要請。

10:35頃

空港消防から、化学消防車2台と給水車1台が出動。

10:37分頃

那覇市消防から、消防車両7台が出動。

10:40分頃

那覇市消防から、消防車両17台が出動。

10:36頃

自衛隊消防から、消防車4台が出動。

10:38頃

消防車両が火災現場に到着し消火活動開始。

11:37頃

機体の一部を残して鎮火。

 

事故原因

右主翼の可動部からダウンストップ・アセンブリー(可動翼の動きを調整する組立部品)が脱落していたことが原因でした。

1.事故の約1ヶ月前の整備で、ワッシャーを付け忘れた

確実な証拠はありませんが、おそらく付け忘れというヒューマンエラーが原因と考えられています。

 

2.ダウンストップ・アセンブリーが脱落

ワッシャーがないことが原因で、右主翼の可動部からダウンストップ・アセンブリーが脱落したと考えられます。

 

3.燃料タンクに穴があく

ダウンストップ・アセンブリーが脱落した状態で、フラップ操作をしたことにより、アセンブリーのボルト部が燃料タンクに突き刺さって穴をあけました。

 

4.燃料が漏れだしてエンジンの高熱で発火

主翼にはジェット燃料が蓄えられており、右主翼に空いた穴から燃料が漏れ出し、エンジンの高熱で発火したと考えられます。

 

ちょっとした、整備の際の不手際が大事故につながったという結果ですね。

 

事故が多い航空会社・ワースト10

2014年に発表されたJACDEC安全度ランキング・ワースト10

10位 トルコ航空
9位 大韓航空
8位 サウディア
7位 GOL航空
6位 ガルーダ・インドネシア航空
5位 TAM航空
4位 エア・インディア
3位 チャイナエアライン
2位 ベトナム航空
1位 ライオン・エア

チャイナエアラインがワースト3位に入っていますね。

それではチャイナエアラインが過去に起こした墜落事故を調べみましょう。

 

チャイナエアラインの墜落事故

1969年1月2日:中華航空227便

場所 台東~高雄
機体 ダグラス DC-3
原因 乱気流による墜落
死者 乗員乗客24人全員

 

1970年8月12日:中華航空206便

場所 台北松山空港
機体 日本航空機製造YS-11
原因 着陸失敗で墜落
死者 乗員乗客31人中14人
負傷者 17人

 

1971年11月20日:中華航空825便

場所 台湾海峡
機体 シュド・アビアシオン カラベル
原因 テロ(推測)により空中爆発し墜落
死者 乗員乗客25人全員

 

1979年9月11日:中華航空墜落事故

場所 台湾海峡
機体 ボーイング707-324C
原因 訓練飛行で墜落
死者 乗員6人

 

1980年2月27日:中華航空811便着陸失敗事故

場所 マニラ国際空港
機体 ボーイング707-320
原因 マニラ国際空港に着陸失敗
死者 乗客2人

 

1986年2月16日:中華航空2265便

場所 台北~澎湖諸島
機体 ボーイング737-200
原因 着陸寸前に近くの海上に墜落
死者 乗員乗客13人全員

 

1989年10月26日:中華航空204便

場所 花蓮~台北
機体 ボーイング737-200
原因 パイロットが経路を誤り山腹に激突
死者 乗員乗客54人全員

 

1991年12月29日:中華航空358便(貨物便)

場所 台北
機体 ボーイング747-200F
原因 エンジンを主翼に止めるピンが破断し脱落
死者 乗員5人全員が死亡

 

1994年4月26日:中華航空140便

場所 名古屋空港
機体 エアバスA300-600R
原因 副操縦士の誤操作により失速して墜落
死者 乗客乗員271人中264人が死亡
負傷者 7人が重傷

日本国内で起こったチャイナエアライン唯一の墜落事故で、当時は「中華航空」と呼ばれていました。

 

1998年2月16日:チャイナエアライン676便墜落事故

場所 台北中正国際空港近くの住宅街
機体 エアバスA300-600R
原因 着陸復航のために自動操縦モードを解除により墜落
死者 乗員乗客196人全員と、近隣住民6人

日本で起きた中華航空機事故と状況が酷似しているうえに同型機ということで大きな批判を浴びました。

 

1999年8月22日:チャイナエアライン642便着陸失敗事故

場所 香港国際空港
機体 マクドネル・ダグラス MD-11
原因 台風の突風に煽られ、主翼から接地し機体がひっくり返って爆発炎上
死者 乗客3名
負傷者 208名が重軽傷

 

2002年5月25日:チャイナエアライン611便空中分解事故

場所 台湾海峡
機体 ボーイング747-200
原因 修理不適切で、金属疲労による空中分解で墜落
死者 乗員乗客225人全員

 

全部で12回。

思った以上に多いな~という印象ですね。やはり避けた方が無難でしょうか?

では、事故が少ない安全な航空会社とはどこでしょうか?

 

事故が少ない航空会社・ベスト10

2014年に発表されたJACDEC安全度ランキング・ベスト10

1位 ニュージーランド航空
2位 キャセイパシフィック航空
3位 フィンエアー
4位 エミレーツ航空
5位 エバー航空
6位 ブリティッシュ・エアウェイズ
7位 TAPポルトガル航空
8位 エティハド航空
9位 エアカナダ
10位 カンタス航空

世界に名を知られた有名どころがそろいますね。

日本の航空会社では、

全日空(ANA) 12位

日本航空(JAL) 46位

日本航空(JAL)はやはり、御巣鷹山へのジャンボ墜落事故の影響がランキングに表れているようです。

 

飛行機は危険な乗り物なのか?

あの金属の塊が空を飛ぶということが信じられないから、絶対に飛行機には乗らないという人も少なからずいらっしゃいますね。

飛行機の安全性はどのくらい信用できるものなのでしょうか?

航空専門家の統計によると、

東京からニューヨークまでの長距離のフライトを毎日乗り続けたとして、つまり

今日は東京からニューヨーク

明日はニューヨークから東京

明後日はまた東京からニューヨーク・・・・

 

これを1年365日ずっと続けたとします。

すると、1年間で182往復+片道ですね。

こんなことは実際にはあり得ないでしょうが、しかしほぼ毎日のように飛行機に乗るという人はいないことはありません。

そんな人たちが事故にあう可能性は???

あくまでも統計から割り出した確率によると、

876年間に1回 の割合で事故に遭うという計算になるそうです。

 

つまり計算上は、一生乗り続けても事故にあうのはごく一部の人たちのみ。

交通事故による死者が、日本だけでも毎年数千人に及ぶことなどを考えると、その安全性は驚異的なものです。

 

しかし、876年に1回でも、1万年に1回でも、その1回がいつなのかは誰にもわからない。

今日かもしれないし、明日かもしれない。

やはり安全性は何よりも追及されるべきものですね。

 

迅速な避難

機体が焼け落ちるという大事故にもかかわらず、犠牲者を出さなかったのは迅速な避難によるものであることは間違いありません。

 

90秒ルール

航空機では、アクシデント発生時に、全乗客の脱出を90秒以内に完了できなければいけないという安全に関する決まりがあります。

これは、大型でも小型でもどんな機種でも同じ。

そのために通常は使用しない脱出用のドアがいくつもあるのです。

 

その中であまり知られていないのは、

コックピットの窓からの脱出

常識的にコックピットの窓が開くとは考えていなかったのですが、機種によっては、開けることが出来て避難の際の脱出ルートとして確保できるような設計になっています。

 

そして、旅客機のキャビンのドアには、緊急脱出用のスライドシュートが収納されています。

緊急時にドアを開けると自動的にガスが充填され地上や海に向かって下りていく仕組みになっています。

ドアを開けてからスライドシュートが自動セットされるまでに要する時間は、わずか10秒ということです。

様々な安全に関する装置と訓練がされているのですね。


PAGE TOP