清水邦広・中島美嘉が離婚【原因は不倫?子ども?年収?】

歌手の、中島美嘉(34)と、男子バレーボールの清水邦広選手(31)が離婚しました。

2018年2月2日、代理人を通じて、東京都内の区役所に離婚届を提出して、約3年1カ月の結婚生活にピリオドを打ちました。

離婚理由は

報道によると、離婚理由は多忙を極める2人のすれ違い。

清水邦広選手は、所属チームのパナソニック・パンサーズが大阪・枚方市を本拠地として活動しているために、大阪が生活の拠点でした。

もちろんシーズン中は、地方への遠征も多く、代表として海外遠征が長期にわたることもありました。

一方の中島美嘉さんは、アーチストの活動で、東京での仕事が多く、ライブ活動で地方を回ることも多い。

夫婦である二人ですが、月に3、4回しか顔を合わせる機会がありませんでした。

互いの将来を考えて別々の道を歩むことを選んだという円満離婚で、慰謝料はないようです。

結婚後も仲のいい様子が報じられるなど「おしどり夫婦」として有名なお二人。

今回の離婚に驚きをもっと報じられました。

 

しかし、実は一部で離婚の危機は囁かれていました。

 

中島美嘉のインスタ

中島美嘉さんはインスタグラムで近況などを更新しているのですが、2016年5月以降、清水邦広選手に関する投稿がありません。

単にプライベートは明かさないということだろうという理解もありましたが、不自然に感じている方たちも多くいたようです。

 

子どもが出来ない

お二人にはお子さんはいませんでした。

すれ違いの生活だったことも理由の1つですが、中島美嘉が病気の治療のために服用している薬のためという報道もありました。

正確なところはわかりませんが、すれ違いの生活が続く限りは、今後も子どもが出来る可能性が低く、そのことが離婚の理由となった可能性も十分にあります。

 

収入格差

お互いに有名人ですが、その収入は大きく異なります。

中島美嘉はトップアーチストとしての地位を固め、CDの売り上げやライブ活動などで、過去には2億円の年収があったといわれています。

今でも、推定で1億円前後の収入があるのだとか。

 

一方の清水邦広は、日本のトッププレイヤーですが、数億円を稼ぐプロ野球選手などとは違って、バレーボールは同じチームでも、企業の契約社員とプロ契約の選手が混在している状態。

海外のトップ選手ともなれば年収1億というプロ選手がいますが、世界的に見ればトップとの差が大きい日本の男子バレーボール。

トップ選手である清水邦広選手でも、その年収は1000万円前後といわれています。

 

そして、その差はこれからも開くことが予想されます。

中島美嘉さんは印税収入があるため、おそらく高収入が一生続くことが予想されますが、清水邦広選手は、現役を引退すれば一般人。

川合や大林のように芸能人として活躍できればまだいいのでしょうが、指導者や解説者としてバレー界に残っても高収入は望めません。

 

清水邦広選手が住んでいるのは、所属チームのパナソニックが大阪にあるために、大阪市内から電車で30分ほどの高級タワーマンション。

3LDKのその部屋は1億を超える高級マンションと噂されています。

清水邦広選手の年収では購入は難しいと思われ、中島美嘉さんが資金を出した可能性が高いです。

離婚後、このタワーマンションはどうなるのでしょうね?

 

浮気・不倫は?

芸能人の離婚というと浮気や不倫が原因となることも多いのですが、過去の二人の言動や現在の報道を見る限りにおいては、その可能性は低いと思われます。

慰謝料がなかったということから考えても、浮気や離婚はなかったと考えるのが自然でしょう。

 

今後の二人の活動

中島美嘉さんはアーチストとしての活動を、清水邦広選手も東京オリンピックを目指してバレーボール選手の現役を続けます。

今後の二人の活躍に期待したいですね。


PAGE TOP