小野寺昭【異例の殉職シーンの謎】妻・子ども3人・孫6人

昭和を代表する刑事ドラマ「太陽にほえろ!」

石原裕次郎主演のこのドラマに「殿下」こと島公之刑事役に抜擢された若手俳優・小野寺昭(おのでら あきら)さん。

今も俳優としてご活躍されていますね。

いつまでも若々しいお姿ですが、実際の年齢はかなりの高齢のはず。

結婚やお子さん、お孫さんのことも調べてみました。

 

小野寺 昭(おのでら あきら)

本名 小野寺 昭(同じ)
生年月日 1943年(昭和18年)9月19日
年齢 2018年1月現在、74歳
出身地 北海道帯広市
身長 173 cm
血液型 O型
趣味 登山
学歴 北海道帯広三条高等学校卒業
所属 フロム・ファーストプロダクション

2007年4月 大阪芸術大学短期大学部広報学科(現・メディア芸術学科)演劇(演技演出)コース教授に就任。

2012年6月 大阪芸術大学短期大学部広報学科・学科長に就任。

 

上京~俳優デビュー

高校卒業後に俳優を目指して上京した小野寺昭さん。

しかし、俳優座養成所に2年連続で不合格となり、やむなく、劇団やまいもに参加して、『チロリン村とくるみの木』の人形操作を担当していました。

俳優ではなく人形操作担当とは!

 

なかなか俳優としての芽が出ずに下積み時代が数年間続きます。

念願の俳優デビューは、上京してから7年後の1969年。

TBSの昼ドラマ、ポーラテレビ小説「パンとあこがれ」でした。

 

ちなみにこのとき、小野寺昭さんは25歳でしたが、童顔の小野寺さんは、丸刈りの高校生の役でした。

 

太陽にほえろ!島刑事役

そして、デビューから3年後の1972年。

日本テレビ系のゴールデンタイムの新ドラマ『太陽にほえろ!』島公之刑事役に抜擢されました。

ドラマでの愛称は、「殿下」

スーツの着こなしが決まっている、若くて二枚目の独身刑事。

女性に優しいために、強面の他の刑事たちが苦手とする女性相手の聞き込みなどを引き受ける役柄でした。

役柄の設定としては

  • 中学時代は男子校
  • 最終学歴は城東大学卒業
  • 剣道部に籍を置いていた
  • 刑事を志したきっかけは、父親が検事であったため

番組スタート時から8年間に渡ってレギュラー出演して、一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。

懐かしいですね~

ボス・山さん・長さん・ゴリさん・ジーパン・シンコ

バラエティーに富んだ個性がかみ合った名作でしたね。

 

異例の殉職シーン

「太陽にほえろ」では数々の刑事が殉職していますが、島刑事はその中で異例の交通事故で亡くなるという演出でした。

婚約者を空港に迎えに行く途中に、山道を走行中にセンターラインをオーバーして運転してきた対向車の大型トラックを避けようとしてガードレールを突き破って崖下に自動車もろとも転落してしまいます。

自動車はがけ下で爆発炎上し、殿下は亡くなります。

 

事件とは全く無関係な殉職シーンは当時驚きをもって話題となりました。

これは小野寺昭さんが、今までのような犯人と格闘したり銃撃戦になっての殉職ではなく、あっさりした殉職シーンにしたいという希望に沿ったものだったそうです。

ちなみに、殉職シーンとなったロケ現場は、小田原市の国道。

そこには、「島公之殉職碑」が建てられています。

 

1980年に殉職で退いた後も、「名探偵金田一耕助」シリーズ、「十津川警部」シリーズ、「江戸川乱歩傑作」シリーズなどの2時間ドラマを中心に数多くのドラマに出演していました。

また、徐々にバラエティ番組にも出演する姿も多くなっています。

 

小野寺昭の妻・子ども・孫

結婚については詳細な情報が少なく未確認です。

断片的な情報をまとめてみると

 

1963年ごろに結婚

まだ19歳のころですね。

上京してきた年ということになります。

 

3人のお子さんがいる

お息子さん1人と、娘さん2人という情報があります。

 

お孫さんが6人いる

初孫は女の子で、現在は30歳前後と思われます。

詳しい情報は公開していない小野寺さんですが、多くのお子さんとお孫さんに囲まれて、ご夫婦の仲もいいようですね。

その秘訣は!

 

小野寺昭の結婚3ヶ条

結婚は生涯一度きりと思い込む

喧嘩しても最終的に自分から謝る

犬を飼う

3番目は、自分が家を空けることが多いため、犬がいると寂しくないという理由らしいです。

今後も味のある俳優として活躍されることを祈っています。


PAGE TOP