伊原六花の家族、高校時代の猛練習【登美丘高校ダンス部キャプテン】

紅白出場まで果たしたバブリーダンスで話題の大阪・登美丘高校ダンス部キャプテンが芸能界デビューします!

どんな役でも演じられる女優さんになりたい

目標は宮崎あおいさんです。

伊原六花(いはら りっか)

本名 林 沙耶(はやし さや)
生年月日 1999年(平成11年)6月2日
年齢 2017年末現在、18歳
出身地 大阪府狭山市
血液型 A型
身長 160cm
所属事務所 フォスター

facebook

伊原六花さんは5人家族で、ご両親と3人姉妹の真ん中で大阪に生まれました。

5歳のころからバレエを初め、ダンスも小学校2年生から始めます。

劇団に入って子どもミュージカルでダンスやコーラスを演じており、

中学生のときには、

ミュージカル「ズボン船長」生徒役

劇団RKXミュージカル「ズボン船長」ジョジョ姉役

などを演じていました。

 

高校入学後も、登美丘高校ダンス部での活動とともに、「大阪狭山キジムナーの会」「表現倶楽部 うどぃ」にも所属し、「現代版組踊」も披露。

現代版組踊とは

沖縄の伝統芸能「組踊」の様式をベースに、現代的な「音楽」「舞踊」「台詞」の3つの要素で構成された舞台様式です。

 

大阪狭山キジムナーの会

大阪狭山キジムナーの会は、表現倶楽部うどぃの活動を主に、舞台を通じた子どもたちの居場所づくりをサポートしている団体です。

 

表現倶楽部 うどぃ

 

登美丘高校入学~ダンス部

大阪府立登美丘高校
〒599-8125 大阪府堺市東区西野51

「みんなの高校情報」(https://www.minkou.jp/hischool/school/830/)によると、

偏差値は59

近畿大学を中心に、関関同立(関西大学・関西学院大学・同志社大学¥立命館大学)には107名の合格者を出す(2017年度合格者実績)進学校です。

 

2004年に創設された登美丘高校ダンス部は、伊原六花さんが入学した時点ですでに、全国高校ダンス部選手権の常連校。

2013年・全国高校ダンス部選手権

優秀賞 4位

2014年・全国高校ダンス部選手権

優秀賞 3位

現在のバブリーダンスとはかなりイメージが違うダンスですね。

伊原六花さんは、全国でも上位にランクされるダンス部に憧れて入部しました。

中学時代から憧れていた登美丘高校は学力的に全然足りていなかったのだそうです。

しかし、登美丘高校のダンス部で踊りたいという強い意志でもう勉強に励んで見事に合格。

この「努力すれば夢は叶う」という体験がその後のダンス部での活動でも生かされました。

全国でも上位にランクされるダンス部の練習は厳しく、平日の放課後に3時間、土日には9時間もの練習が課されることもありました。

登美丘高校のダンス部は、伊原六花さんの入部した年から大躍進。

バブル世代を元ネタにしたダンスが大受けします。

1年生の時に、2015年には日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)初優勝!

2年生の2016年には2連連続優勝を果たします。

1年生の頃は「恥ずかしい」という意識もあったそうですが、上級生になるにしたがって「どれだけ面白さをアピールできるか」を意識して猛練習に励み、恥ずかしがっていると逆に浮いてしまうくらいだったといいます。

そして、最上級生になった伊原六花さんは部長として部をまとめていました。

しかし、途中でキャプテンに就任。

ダンスリーダーとして覚悟が必要となるポジションだけに、悩んだこともありましたが、最後まで頑張れたそうです。

部員全員で3連覇を目指して臨んだ、日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)

惜しくも準優勝となり3連覇を逃がしましたが、ダンシングヒーローが話題となりTVでも取り上げられて一躍有名になりました。

ちなみにこの時の衣装はコーチと一緒に古着屋さんを回って探したのだとか。

ちなみに、このとき優勝したのは、同じ大阪の

同志社香里高等学校

優秀賞は次の6校でした。

東京都立狛江高等学校(東京)
山村国際高等学校(埼玉)
大阪府立堺西高等学校(大阪)
大阪府立今宮高等学校(大阪)
奈良市立一条高等学校(奈良)
大阪府立久米田高等学校(大阪)

こう見ると、圧倒的に大阪の高校が強いのですね。

小さなころからミュージカルに親しみ、念願の芸能界入りを果たした伊原六花さん。

大きな女優となって輝いてくれることを期待したいですね。

 

カリスマコーチ・アカネ

この登美丘高校ダンス部のカリスマコーチは、アカネさん。

登美丘高校ダンス部OGでもあるアカネさんは、2012年にコーチに就任。

それまでは楽しくダンスをやろうという同好会を「日本一になる」という目標を掲げ、部活動への昇格を働きかけ、翌年には全国上位に進出させるという凄腕のコーチです。

登美丘高校ダンス部がここまでブレークしたのは、その実績とともに、アカネさんがダンス部の動画配信をしたことがきっかけでした。

今後も、第2、第3の伊原六花さんを生み出すのではないでしょうか。


PAGE TOP