チョコレート嚢胞・手術後の再発率【不妊にやりやすい?遺伝するの?】

チョコレート嚢胞(のうほう)という病気が話題です。

美味しそうな名前の病気なのですが、実は激しい痛みを伴い、ガン化する恐れもある怖い病気なのです。

チョコレート嚢胞(のうほう)

子宮の内面をおおっている上皮組織である「子宮内膜」と同様の組織が、子宮の内面以外の部位にできる病気です。

この子宮内膜は通常、月経によって子宮内膜が剥がれ落ち、体外へ排出されます。

ところが、生理の時に腟から体外へ排出されるべき月経血が、何らかの原因で卵管を逆流することがあります。

 

この月経血や子宮内膜が、卵巣にできた袋状の嚢胞(のうほう)とよばれる組織の中にたまり、時間の経過とともに酸化してドロドロの状態になります。

このドロドロした様子が溶けたチョコレートのようだということから、「チョコレート嚢胞(のうほう)」という病名がつけられました。

 

チョコレート嚢胞の症状

きびしい月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの痛み。

まれに破裂を起こした場合は激痛を伴います。

 

チョコレート嚢胞の診断

診断のためには、問診後に超音波によるエコー検査、MRIなどの画像診断と、必要な場合は、血液検査(腫瘍マーカー)が行われます。

これらの検査を組み合わせることで、腫瘍の種類やがん化の有無を判断します。

 

チョコレート嚢胞の治療方法

薬物療法

小さな嚢胞であれば、ホルモン療法だけでも有効です。

ただし、薬物治療によって嚢胞(のうほう)を消失させることは難しく、嚢胞を大きくしないことを目的に行われます。

使用される薬剤は、LEP製剤(治療用の低用量ピル)、子宮内膜症治療薬(黄体ホルモン製剤)、GnRHアゴニストなどが用いられます。

また、使用による副作用もありますので、事前の説明を受けておくようにしてください。

 

手術療法

直径3~4cmを超えると、手術療法を検討する段階になります。

患者の状態によりケースバイケースですが、6cmを超えると手術が推奨されるようです。

卵巣ごと摘出する全摘術と、嚢胞だけを摘出する核出術があり、いずれの場合も開腹手術か、内視鏡による腹腔鏡手術によって行われます。

 

手術を選択した場合、重要なのは妊娠を希望するか、しないかによって治療方針が違ってきます。

チョコレート嚢胞のある患者さんが不妊になる可能性は35~50%程度とされていますので、妊娠を希望される場合は専門医と相談のうえで早急な対応が必要です。。

 

妊娠を希望する場合

嚢胞が小さい場合には、経過観察をしたうえで、早期妊娠あるいは不妊治療をお勧めます。

嚢胞が大きい場合には、手術で嚢胞を切除して小さくした上で、不妊治療を行っていきます。

 

ただし、年齢が30代後半以上の場合は、手術によって卵巣機能が低下してしまうので、不妊治療を優先し、嚢胞が大きくなるまでは手術を控えます。

また、現在は妊娠を望まないけれど将来的には望むというような場合、嚢胞の手術は生涯1度のみにとどめたいので、どのタイミングで行うのかは主治医やご家族とよく相談して下さい。

 

チョコレート嚢胞の再発率

手術を受けたとしても、嚢胞だけを摘出する核出術の場合、2年後以内に約30%の割合で再発するといわれています。

ただし、手術後に薬物療法を行うことで、再発率は約3%まで低減することが可能です。

手術をしたからもう安心ではなく、必ず手術後の薬物療法はセットと考えてください。

 

しかし、手術後に妊娠を希望する場合は、薬物療法は行わず、術後半年間を目処に不妊治療を行います。

必要に応じて体外受精などをお勧めする場合もあります。

手術後の薬物療法はあくまでも、妊娠を望まない場合に限られます。

 

高齢ほど「がん化」しやすい

チョコレート嚢胞は、がん化する恐れがあり、注意が必要です。

それは高齢になるほど、そして若くてもチョコレート嚢胞が古くなればなるほど、がん化の確率が高くなります。

 

チョコレート嚢胞からのがん発生率(卵巣がん)

20代 0.58%
30代 1.30%
40代 4.11%
50代 21.93%

嚢胞のサイズと卵巣がんの発生率

3cm以下 0.0%
4cm 0.7%
5cm 0.3%
6cm 0.6%
7cm 0.7%
8cm 1.1%
9cm 1.5%
10cm 4.8%

3cm以下ではほぼ発生していないので、痛みなどもない場合は経過観察のみの場合もあります。

チョコレート嚢胞は遺伝する?

「チョコレート嚢胞は遺伝しやすい?」という噂もありますが、

これは正しくありません。

まだ原因などわからないことが多いチョコレート嚢胞ですが、遺伝することはありません。

 

また、月経痛がある人は、痛みがほとんどない人に比べて2.6倍も、チョコレート嚢胞になりやすいといわれています。

10代でも発症することがあるので、若くても月経痛がある場合には早めに受診をしてください。

 


PAGE TOP