宮崎瑠依結婚・巨人ファンだけどDeNAを選んだ理由

DeNA・荒波翔外野手(31)と、タレントの宮崎瑠依(34)が結婚していたことが25日、分かった。約4年の交際を実らせ、今年の夏に婚姻届を提出。宮崎は妊娠しておらず、年内に挙式を予定している
(出典:スポーツ報知)

宮崎 瑠依(みやざき るい)

生年月日 1983年(昭和58年)6月21日
年齢 2017年11月現在、34歳
出身地 東京都
高校 アルザス成城学園(フランス)
大学 成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科卒業
身長 158cm
血液型 O型
趣味 野球観戦・旅・御朱印集め
特技 フランス語・ボウリング・ゴルフ・歌
所属 ホリプロ
主な出演番組 「pooh!」
「スッキリ!!」
「三つのたまご」
「ZIP!」
「Jリーグタイム」
ドラマ「7人の女弁護士」

13歳の時に原宿でスカウトされて、芸能人を目指してレッスンを受けていた宮崎瑠依さん。

高校2年からアルザス成城学園に編入して、フランスで高校生活を送っていたそうです。

帰国して、成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科に入学。

満を持して芸能活動を開始します。

アイドルユニット「D★shues」(いとうあいこ、西角茉美、肘井美佳、福岡サヤカ、朝比奈えり)で活動していました。

巨人ファンでサッカー好き

宮崎瑠依さんといえば、自他ともに認める巨人ファンとして有名です。

なんでも、実家が田園調布にあるミスタージャイアンツ長嶋茂雄さん宅に近く、多摩川べりでの散歩を日課としていたミスターとあいさつを交わしていたそうです。

宮崎瑠依さんが生まれたころ、ミスター長嶋は監督を退任して文化人として活動していた時期です。

巨人監督に復帰したのが1992年ですので宮崎瑠依さんが9歳のときですね。

常にマスコミに囲まれていたミスターが唯一、自由だった時期だとも言えます。

そんな時期に近所の可愛い女の子と交流を持っていたことがきっかけとは微笑ましいですね。

 

ツイッター炎上事件

今シーズン、球団ワースト記録の12連敗を喫した際のツイートに巨人ファンが「不愉快」だと炎上騒ぎに発展したことがあります。
この件に関してブログで謝罪をしました。

「悲壮感が耐えられず、和らげたいという思いで投稿した私のツイートが、巨人ファン、野球ファンを不快な思いにさせてしまいました。
私のフォロワーの皆さんは私の性格を理解してくださっているかもしれません。
でもtwitterというのは拡散するもの。私のことなど知らない人が初めてその投稿を目にしたら…不快な思いを抱くのも無理ありません・

私の安易な投稿で、ファミリーと思っている巨人ファン、野球ファンの方にイヤな思いをさせてしまいました。

もちろん私の意図せぬ方向へ行ってしまったのですが、それがSNSというもの。本当に申し訳ありませんでした」

そんな筋金入りの巨人ファンの宮崎瑠依さんがDeNAの選手と結婚するとは、お互いのファンにとってちょっと複雑でしょうか。

しかし、巨人ファンであったがために野球関係者とのつながりをもっていたことが二人の出会いにつながったわけですからね。

一方で、高校生時代にサッカー部でマネジャーを務めるなど、サッカー好きでも知られています。

2014年3月から3年間、NHK BS1『Jリーグタイム』でキャスターを務めるなどしていました。

 

DeNA選手を選んだ理由

荒波選手よりも3歳年上の姉さん女房となる宮崎瑠依さん。

あえてファンである巨人のライバル球団の選手を選んだのは、彼のまっすぐな人柄に惹かれたそうです。

今後の野球人生のサポートをしながら、ご自分の仕事は続けていくそうです。

最近は出場機会を減らし復活が待たれる荒波選手の来シーズンに期待しましょう。

 

ネットでの反応


PAGE TOP