シャンプーしても頭がクサい?人は、頭皮をしっかり洗えていない可能性がある

毎日シャンプーしてスッキリと汚れを落としている人は多いと思いますが、中には毎日納得がいくシャンプーが出来なかったと思っている人も居るかも知れません。

特に髪が長い人や洗うのが下手な人にその傾向があるのですが、シャンプーをすると言う事は=髪の毛を洗う事だと思い込んでいたりするのです。

基本的に頭を洗うと言うのは髪を洗うでもイイのですが、実際の所、髪と頭皮を健康に保つためには髪よりも頭皮(地肌)を洗う認識で居て欲しいのです。

 

正しいシャンプー

頭皮は顔の皮膚から繋がってきていますので、お肌の一部だと考えて洗う様にするのがポイントです。

顔よりも皮脂の分泌が盛んなので、出来ればシャンプーする時は2回は洗う必要があります。

まず最初に、髪と頭皮の表面的な汚れを洗い流した後、2回目はしっかりとシャンプーを泡立てて頭皮の毛穴の皮脂の詰まりからしっかりと洗いあげて欲しいのです。

洗う時の手の動かし方ですが、シャカシャカと手早く手を動かして洗ってしまう人が多い様ですが、頭皮をもみ洗いするかのようにマッサージしながら洗うと、毛穴の奥の皮脂が出やすくなってスッキリ洗い上げることが出来るのです。

また、すすぐ時にもしっかりとシャンプーのヌルっとした感覚が完全に無くなるまですすぐ事で、頭皮のトラブルを防いだり抜け毛を減らしたり頭皮のニオイの抑制に繋がるのです。

 

クレンジングオイル

ただ、ちゃんとしっかりもみ洗いしていても皮脂がスッキリ落ち無いと言う場合は、顔のメイク落としなどに使うクレンジングオイルを使うのも一つの方法です。

クレンジングオイルには、毛穴に詰まった角栓と言うのを落とす効果を持っているモノもあるのですが、このタイプのオイルでシャンプー前の乾いた頭皮を揉むようにマッサージすると、ただシャンプーしただけの時よりも更にスッキリと皮脂を落とすことが出来るのでお勧めです。

最近は頭皮専用のクレンジング剤なども販売されているので、もっとしっかりスッキリしたい場合は使ってみてください。

皮脂がスッキリと落ちてシャンプーのすすぎ残しも無くなったら、あとは髪をしっかりと乾かしてください。

特に髪の長い人の場合は、生乾きの洗濯物の様に濡れた部分に雑菌が繁殖してクサくなってしまう事もあるので、長い髪の人はタオルドライだけで済ますのは要注意です。

スッキリと頭皮を洗い上げたら今度は髪をしっかり乾かして、頭皮も髪も臭わない状態にして行きましょう。

体臭

Posted by topics01


PAGE TOP