気付いたら加齢臭が臭う年齢になっていた?加齢臭を防ぐ方法はあるのか?

最近は加齢臭が発生する年齢が低年齢化していると言うウワサもある様ですが、加齢臭の発生年齢の多くは、男性の場合は中高年である30代後半から40代後半の頃に、女性の場合は閉経後には臭ってくる人が多い様です。

 

そもそも加齢臭って一体何なの?

肌の上に分泌されれる皮脂は脂肪酸と過酸化脂質に分けられるのですが、この二つが混ざり合って結合してしまうと発生するのがノナネールと言う加齢臭の原因になっている物質です。

根本的には、この脂肪酸と過酸化脂質が結びつかなければ加齢臭は発生しにくいと考えられるので分泌を抑制出来れば臭いにくくなるのですが、40代になると特に男性はこの二つを分泌しやすくなってしまうのです。

それに、脂肪酸と過酸化脂質が混ざる原因となっているのが肌の上での抗酸化作用の低下で、この二つの脂質が酸化によって結びつきが強くなるのを防ぐことが出来れば、たとえ分泌量が増えていたとしても臭いにくくなるのです。

若い頃から脂性の肌の人も多いと思いますが、若い頃はあんなに脂ぎってても臭わなかったのに何故40代になってから急に臭い始めるのか?の原因が、抗酸化力の低下と言う事になるでしょう。

皮脂が酸化する大きな要因が活性酸素の除去が進まないと言う現状があるので、出来れば抗酸化力の高い食材を積極的に摂って皮脂の酸化を防いで行く必要があるのです。

加齢臭対策の初歩

加齢臭対策について、これから詳しく述べていきますが、まずは基本的な考え方から。

活性酸素を除去して抗酸化力を高める成分で有名なポリフェノールと言う成分がありますが、特に色の濃い野菜や果物に多く含まれています。

ブドウの紫色や赤いパプリカの色、レモンの皮の黄色もポリフェノールの一種だったりする様に、果実の部分よりも皮や皮に近い部分に多くポリフェノールは含まれているので、なるべく皮ごと食べられるモノを食べる様にしてみてください。

また、普段飲む飲み物を緑茶や紅茶や麦茶などにするだけでも何もしていない人よりも抗酸化力が高まります。

そうして身体の中から活性酸素を除去して皮脂を酸化させにくい状態に持っていきつつ、既に発生してしまっている加齢臭を抑えるにはやはり、体臭を抑制する石鹸で身体をよく洗う事が重要です。

朝、仕事に行く電車の中などで加齢臭は臭いやすいので、出来れば出掛ける前に軽くシャワーなどを浴びて加齢臭を防ぐ石鹸などで身体を洗ってから出かけるのもお勧めです。

加齢臭や体臭を防ぐことが出来る石鹸で有名なのが、カキの渋い成分であるタンニンを使った柿渋石鹸ですが、毎日使い続ける事で加齢臭などの体臭を抑制することが出来るそうなので、気になる方はドラッグストアやスーパーの浴室用品コーナーなどを見てみると良いでしょう。

まとめ

多くの人が加齢臭は老化の一つで防げないと思っている様ですが、日々の食生活の改善やお風呂でのケアで防ぐことが出来るので、頑張って対処して行って欲しいと思います。

加齢臭

Posted by topics01


PAGE TOP