スマホから食中毒【スマホにはバイ菌がいっぱい】ノロウイルスにも注意

今や、日常生活に欠かすことが出来ないツールとなっているスマートフォン。

外出するときに財布を忘れるよりも、スマホを忘れる方が不安になるという方も多いようです。

そして家の中にいても常に持ち歩いているという人もいますね。

例えばトイレに持ち込んでスマホを見ながら用を足すという方も多いのではないでしょうか?

そこで今問題となっているのは

スマホから食中毒


外出から帰宅した時、トイレから出てきたときに手を洗います。

これは、手に付着した細菌を洗い流すためであることは誰でも知っています。

素手で食べ物に触ることもあるし、無意識に唇を指で触ることもありますからね。

 

感染経路

トイレで便座や便器を手で触って、手に細菌が付着する

トイレでマホを操作すると手からスマホに細菌が付着する。

トイレから出てきて手は洗うけど、スマホは洗わない。

一度洗った手でもう一度スマホに触ると、そこで細菌が手に付着する。

 

ということで「スマホをトイレに持ち込むと食中毒のリスクが増す」と主張する方も増えているようです。

 

スマホから食中毒は事実?

まず、家庭用のトイレであれば不特定多数の人が利用することはないので、トイレの中が清潔に保たれていれば、細菌はリビングや個室内とほとんど変わりはないといわれています。

床にこぼれた尿や嘔吐物をそのままにするなんてことは家庭用トイレではありえないですよね。

便器や便座も定期的に洗って、除菌しておけばそこまで神経質になる必要はないようです。

 

問題は、不特定多数が利用する公衆トイレ。

ホテルやレストランなどは毎日清掃する時間も決まっていてチェックもしていますので、家庭用トイレよりも清潔なレベルのようです。

最も危険なのは、清掃が行き届いていない公園のトイレなどですね。

公園のトイレなども管理者がしっかりしていれば毎日決まった時間にきちんと清掃と除菌をしているのですが、そうではないトイレもたくさんありますので、そのようなトイレでは気をつけるに越したことはないでしょう。

結論としては、それほど神経質になることはないのかな?

いえいえ、そうとは言えない面もあるのです。

トイレという限定した場所以外でも、スマホは常に持ち歩き、どこでも操作をします。

そして、ディスプレーをときどき拭くことはあっても、除菌まではなかなかしないですよね。

つまり、スマホにはあらゆる細菌が付着していると考えていいわけです。

そして、スマホは常に指先で操作するので、食事前に手を洗っても、食事中にスマホを操作すると、スマホに付着している細菌が体内に取り入れられる可能性は非常に大きいのです。

そもそも食事中のスマホはマナーの面でも問題がありますので、食事中にスマホの操作しないようにした方がいいようです。

 

スマホ食中毒にならないために

ときどきアルコールで表面を除菌した方がいいようです。

ただし、除菌効果が強いものだと液晶画面に施されているコーティングが剥がれる心配もあります。

その場合には、液晶画面を保護するコーティング剤や保護フィルムの中にも抗菌効果のあるものがありますので、そのような対策をするのがよさそうです。

食中毒は、時期的に6月から9月までがほとんどと言われていますので、季節的にはもう終わりですが、これから寒くなってくると、ノロウイルス、ロタウイルスによる食中毒。

そして、インフルエンザなどが気になる季節です。

スマホからの感染には注意したいですね。


PAGE TOP