脊髄損傷と脊椎損傷の違い・滝川英治回復の可能性は?

山梨県笛吹市御坂町藤野木の県道で15日午後1時半ごろ、BSスカパー!のドラマ「弱虫ペダルSeason2」(金曜後9・00)の撮影のため自転車に乗り、縁石に衝突して転倒する事故を起こした俳優の滝川英治(38)について、所属事務所は18日、脊髄損傷と診断されたことを発表した。

現在も病院で治療中。

今後、本人の回復状態により、リハビリに移る。ドラマは予定通り放送。

10月の舞台「SHOW BY ROCK!!」は降板する。

(出典:スポニチ)

出典:amd.c.yimg.jp

えりオフィスからのご報告

いつも滝川英治を応援いただきまして誠にありがとうございます。

既に一部で報道されています通り、弊社所属の俳優 滝川英治が、9月15日、出演中のドラマ「弱虫ペダルSeason2」の撮影中におきまして自転車で転倒するという事故が起きました。
ドクターヘリで現場から搬送され、すぐに手術を行いましたが、脊髄損傷という診断を受けました。

皆様には多大なご心配をお掛けし大変申し訳ありません。

現在も病院で治療中です。
一日も早く皆様の前に元気な姿で戻れるよう、暫くの間、治療に専念させていただければと思います。

弊社も大変心を痛めており、本人の回復を祈るとともに、本人をサポートし、最善を尽くしたいと思っております。
この度の事故でファンの皆様、関係各位の皆様に、ご迷惑やご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

なお、滝川英治出演中のドラマ「弱虫ペダルSeason2」の放送については、滝川本人とご家族の意思を確認・尊重の上、予定通り放送を行います。

また、つきましては、10月に上演の舞台『Live Musical 「SHOW BY ROCK!!」-深淵のCrossAmbivalence-』を降板の決断をさせていただくことになりました。

楽しみにしてくださっていた皆様にはご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。
また、出演者及び関係者の皆様にも多大なご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

今後、本人の回復状態により、リハビリに移って行きます。
変わらぬ皆様からのご支援を頂ければ、本人の励みにもなると思います。
我が儘なお願いですが、引き続き滝川英治を応援頂けましたら幸いです。

9月18日

有限会社えりオフィス
代表取締役 片山依利

 

心配されていたことが現実となりました。

脊髄損傷と脊椎損傷は、わずか1文字違いなのでよく混同されてしまいます。

イメージ的にも「大体同じようなものだろう」と。

しかし、この2つの損傷は、医学的に全くの別物。

実は大きな違いがあるのです。

出典:www.asahicom.jp

脊椎とは

いわゆる「背骨」です。

首からおしりまでの背中を通る骨のことをさします。

 

脊椎損傷

背骨の骨折や骨の剥離、脊椎間の軟骨の変形や損傷などを総称して「脊椎損傷」といいます。

脊椎は重要な部分ですが骨なので、骨折しても適切な治療を行えば自然治癒することも可能で、障害が残るようなケースが少ないようです。

 

もちろん、背骨の粉骨骨折のような重症であれば、自然治癒は困難になります。

脊椎の再建手術を施しても、何らかの障害が残り、最悪の場合は寝たきりになってしまうこともあり得ます。

 

また、脊椎間の軟骨の変形や欠損があった場合には、立っているだけで痛みを感じ、歩行困難になるようなこともあります。

 

脊髄とは

脊椎の中を通る神経組織をさします。

脊髄損傷

脊髄、つまり神経組織の一部もしくは完全な断裂がある状態です。

ここで重要なことは、「脊髄は再生不可能な器官である」ということ。

つまり、一度断絶してしまった脊髄は再び再生することはないのです。

 

したがって、脊髄損傷の場合、損傷した部位や程度の差こそあれ、麻痺などの障害がおこります。

重症の場合は、首から下が麻痺をして全く動かず、呼吸すらも自分でままならないということもありますが、

 

軽微な脊髄損傷であれば、手足に軽い麻痺が残る、あるいは少し排尿がしづらいという程度の障害で済むケースもあります。

 

脊髄損傷と脊椎損傷の同時発症

脊髄損傷と脊椎損傷は、同時に起こることもあります。

交通事故などで当初は脊椎損傷と診断され、骨折が治癒したのにも関わらず、歩行することが困難である場合などは、脊椎の中を通る脊髄も損傷しているケースがあります。

 

脊椎を損傷したからといって必ずしも脊髄を損傷しているとは限りませんが、骨折が治癒した後もしびれが残るような場合は、専門医の診断を受けるようにしてください。

 

脊髄損傷患者

日本には10万人以上の脊髄損傷を患っている方がいて、毎年5000人以上の方が新たな受傷者となっているようです。

受傷原因の割合

交通事故 43.7%
高所からの落下 28.9%
転倒 12.9%
打撲・下敷き 5.5%
スポーツ 5.4%

交通事故の中でも特に、オートバイによる事故による発症割合が高いようです。

 

リハビリ

程度の差こそあれ、脊髄損傷を負うと、何らかの障害が残ることになります。

医師の指導の下で、出来るだけ早くリハビリを開始する必要があります。

 

一般的なイメージとしてリハビリというと、失われた機能を回復するために行うものだと思われている方も多いのですが

残念ながら脊髄損傷のリハビリの目的は、失われた機能を回復させることではありません。

 

脊髄は再生することがないので、失われた機能を回復することは不可能なのです。

したがって、リハビリの目的は、失った機能をどのようにして補い、日常生活に支障のない状態にすることです。

 

具体的には、歩行に障害がある場合は、歩行機能を取り戻すことではなく、車椅子の操作に習熟することが目的になります。

 

調べれば調べるほど、厳しい現実に直面していることがわかります。

出来ることならば少しでも損傷が軽微なものであることを願うのみです。

そして、俳優として再起できることを切に願っています。


PAGE TOP