飲み込み力アップ体【操誤嚥性肺炎予防】原因・症状・治療など

肺炎は、日本人の死亡原因で、ガン、心筋梗塞などの心疾患に次いで3位です。

そして、肺炎の死亡者のうち94%以上が75歳以上の高齢者。

さらに、誤嚥(ごいん)が原因となる肺炎は、70歳以上では70%にもなります(厚生労働省・呼吸器学会より)。

寝たきりの方や介護を受けられる方に多い肺炎ではあるのですが、健康な方でも、加齢による「飲み込む力」が低下していると、肺炎にかかることがあります。

これを「誤嚥性肺炎」といいます。

誤嚥性肺炎は、発見が遅れやすい疾患でもあります。

ここでは、誤嚥性肺炎の症状や治療法などを解説します。

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥とは
口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。

 

物を飲み込む働きが低下したために、唾液や食べ物、あるいは胃液などが、誤嚥によって肺に入ってしまい、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こるのが誤嚥性肺炎です。

出典:www.balance-b.jp

高齢者はわずかな誤嚥によって、肺炎や呼吸器疾患につながりやすいため、十分な注意が必要です。

 

誤嚥性肺炎の原因

高齢者や寝たきりの患者では、口腔内が清潔に保たれていない場合、口腔内で肺炎の原因となる細菌がより多く増殖します。

そして、飲み込む力(嚥下機能)の低下から、細菌を含んだ唾液などの分泌物を誤嚥することによって、肺へ細菌が吸引され、肺炎を発症します。

また、就寝中に、胃食道逆流によって、酸や消化液を含んだ胃内容物を誤嚥することによって、起動粘膜を損傷し、肺炎が起こりやすくなります。

一度誤嚥性肺炎を起こすと、気道粘膜の回復には時間がかかります。

そして、粘膜の感覚が鈍くなり、誤嚥に気がつかず肺炎の危険が増します。

 

誤嚥性肺炎の症状

専門医でないと診断が難しく、風邪と診断されるケースが多いです。

典型的な症状としては

  • 高熱
  • 激しい咳
  • 膿のような濃い痰
  • 呼吸が苦しい

しかし、高齢者の場合、これらの症状が軽いのに肺炎が進行していることもあります。

上記以外の症状

  • なんとなく元気が無い
  • 食事時間が長くなる
  • 食後に疲れやすい
  • 呆然としていることが多い
  • 失禁する
  • 食べ物を飲み込めない

 

通常、このような症状があってもそれを肺炎と結びつけることは難しいと思われます。

肺炎とは無関係と思えるような症状でも、肺炎である場合もありますので、特に高齢者の場合は「変化に敏感になる」ことが大切です。

 

誤嚥性肺炎の診断

誤嚥が明らかな場合や、嚥下機能低下が確認されている場合、胸部エックス線写真での診断が可能です。

 

誤嚥性肺炎の治療

誤嚥性肺炎を起こす菌は肺炎球菌や嫌気性菌などケースよって様々です。

治療には、嫌気性菌対応の抗生剤が使われます。

また、呼吸不全を起こしている場合は、酸素吸入が行われます。

さらに、自力呼吸ができない場合は、人工呼吸器が使用されることもあります。

誤嚥性肺炎の原因の多くは、飲み込む力の低下です。

抗生剤治療はあくまでも対処療法で会って、根本的な治療ではありません。

そのため、一度誤嚥性肺炎を起こした人は何度も繰り返してしまうことがあります。

再発をしないためには、口腔ケアの徹底、嚥下指導が重要です。

 

誤嚥性肺炎の予防

まず、誤嚥をしないことが第1です。

口の中に細菌が多いと肺炎になりやすいので、口の中を清潔に保つために歯磨きをきちんと行うようにしましょう。

高齢者の場合は、入れ歯の消毒も忘れないようにしましょう。

口の中が渇くとドライマウスとなって細菌が増えますで、水分を十分に摂りましょう。

喫煙はしないようにしましょう。
また、受動喫煙を防ぐためにご家族も禁煙をお願いします。

 

飲み込み力アップ体操

飲み込み力を低下させないための体操をおススメします。

 

舌を動かす運動

舌を上下に出したり、引っ込めたりします。

舌を左右の口角に触れるくらい動かします。

この動作をゆっくりと3回繰り返します。

 

首を動かす運動

首をゆっくり左右に曲げたり回したりします。
※後ろへ回しすぎないように注意しましょう。

首を回す運動をした後に、唾液を「ゴクン」と飲み込みます。

(出典:新星出版社 鎌田ケイ子監修「今スグ役立つ!よくわかる!家庭の介護ハンドブック」より)


PAGE TOP