上田利治氏、肺炎で死去。名監督の死を悼む声。巨人との死闘、辞任覚悟の猛抗議。

名将・上田利治氏死去

阪急ブレーブス監督として、1975年から3年連続日本一へ導いた名将・上田利治さんが死去しました。

死因は肺炎とのことです。

上田さんの人生を改めて振り返ってみました。

上田 利治(うえだ としはる)

出典:sanspo
生年月日 1937年(昭和12年)1月18日
没年月日 2017年7月1日(享年80)
出身地 徳島県海部郡宍喰町(現・海陽町)
身長 177 cm
体重 71 kg
高校 徳島県立海南高等学校
大学 関西大学・二部法学部

高校時代は、捕手として甲子園出場を目指していたが、甲子園出場はかなわず、関西大学へ進学。

この時点では野球を続けるつもりはなかったのだが、入部後には、後の阪神で大エースとして活躍する村山実とバッテリーを組んで、関西大学リーグで4回の優勝を飾る。

大学2年生で、全日本大学選手権大会で優勝。

みごとに日本一に輝いた。

 

選手歴

投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1959年・広島カープ
現役生活 1959年~1961年(3年)

プロ入りに際しては、選手としてやっていく自信はなかったといいます。

最終的に広島カープが「出向社員待遇で、しばらくしたら東洋工業(カープの親会社)の社員として雇用する」という条件で入団したというエピソードがあります。

結局、本人の予想通り(?)選手としては、これといった実績を残すことなく、3年の現役生活で引退します。

年度 打数 安打 本塁打 打点 打率
1959 165 38 0 12 .230
1960 53 11 1 2 .208
1961 39 7 1 3 .179
通算 257 56 2 17 .218

指導者歴

コーチ歴

1962年~1969年 広島カープ
※1962年は二軍コーチ

年度 順位
1962 5位
1963 6位
1964 4位
1965 5位
1966 4位
1967 6位
1968 3位
1969 6位

1971年~1973年 阪急ブレーブス

年度 順位
1971 リーグ優勝
1972 リーグ優勝
1973 2位

この3年間は、西本幸雄監督の下でヘッドコーチを務め、3年間で2度のリーグ優勝を果たす。

しかし、当時は巨人の全盛期。
V7~V9にあたり、悲願の日本一はかなわなかった。

1973年、西本幸雄監督の勇退に伴い、ついに監督に就任します。

 

監督歴

阪急ブレーブス/1期

阪急ブレーブス監督に就任した当時、わずか37歳。

選手としての実績もなく、自分よりも年上の選手・コーチを率いながらも、獏軍の人心掌握術と、全盛期を迎えつつあった、山田久志投手らを中心に、一時代を築き上げました。

年度 順位 引分 勝率
1974 2位 69 51 10 575
1975 日本一 64 59 7 520
1976 日本一 79 45 6 637
1977 日本一 69 51 10 575
1978 リーグ優勝 82 39 9 678

監督1年目こそ、リーグ優勝を逃すものの、翌1975年にリーグ優勝。

日本シリーズはくしくも自身が現役時代を過ごし、球団創設初優勝を飾った広島カープ。

このシリーズを4勝0敗2分として、球団史上初の日本一達成しました。

ただし、当時のプロ野球は巨人の影響力が絶大で、「巨人を倒しての日本一」にこそ意義があるといわれました。

 

そして、1976年

ついに巨人との日本シリーズを戦います。

V9に日本一を阻まれ続けてきた阪急ブレーブスにとっては、絶対に負けられない日本シリーズ。

戦いは阪急の3連勝、その後、巨人の3連勝で、最終戦にもつれ込みます。

しかも、第6戦は山口・山田の2本柱を投入したうえで、7-0からの逆転を許し、最後は絶対的エースの山田が打ち込まれてのサヨナラ負け。

【伝説】 1976日本シリーズ 巨人vs阪急 第6戦 【奇跡の大逆転】

誰もが長嶋巨人の逆転優勝のドラマを確信しました。

しかし、翌日の最終戦はベテラン足立が好投し、ついに4-2で粘る巨人を振り切り、2年連続の日本一。

監督人生のクライマックスともいえる1日でした。

1976年 日本シリーズ 阪急対巨人(第7戦)

 

1977年も巨人を下して、3年連続の日本一を達成。

1977年 日本シリーズ 阪急対巨人(第5戦)

これは、当時としては、西鉄ライオンズ(三原脩監督)、巨人(水原茂監督)、そして巨人(川上哲治監督)のV9に続く、史上4度めの快挙でした。

上田利治は名監督としての地位を確実なものにしました。

 

監督生命を賭けた猛抗議

4年連続日本一をかけた、1978年の日本シリーズは、球団史上初のリーグ優勝を達成した広岡監督率いるヤクルトスワローズ。

4年連続日本一は、V9巨人しか達成していない大記録です。

戦前の予想は、円熟期を迎えた阪急ブレーブスの圧倒的優勢だったのですが、阪急ブレーブスの本拠地である西宮球場での第4戦、5戦を連勝して、ヤクルトが王手。

特に、阪急の2勝1敗で迎えた第4戦は、9回2死1塁の場面で、エース山田がリリーフに待機していたにもかかわらず、今井雄太郎を続投させてヒルトンに逆転2ランを打たれる。

後に上田はこの継投失敗を自らのミスと認めて悔やんでいた。

この試合を勝っていれば、3勝1敗で阪急が王手。

おそらくそのまま阪急が押し切って4連覇を達成していたでしょう。

それは、このシリーズの分かれ目が、1勝リードで迎えた第6戦をヤクルトの策士・広岡監督が「捨て試合」にしてエース松岡を温存することが出来たことにあると言われているからです。

そして、3勝3敗で迎えた最終戦で、球史を揺るがす事件が起こります。

阪急は、2年前の巨人との最終戦で完投勝利を飾り、日本シリーズで連続21イニング無失点を続ける、ベテラン足立が先発。

対するヤクルトは、エース松岡が満を持しての先発。

両投手の好投で緊迫の投手戦となったこの試合、5回にヤクルトが先制して足立の連続無失点記録を25回で止める。

そして、迎えた6回裏。

大杉の打球は左翼ポール際への大飛球。

左翼線審はホームランと判定しますが、これに上田監督が猛抗議。

上田監督は左翼ポール下まで行き、線審に「ポールの外を通過している。ファウルだ!」と抗議をするだけでなく、守備についていた全選手をベンチへ引き上げさせてしまいます。

私もリアルタイムでこの場面を見ていました。

何度スロー再生させても判断が難しい打球でした。

上田監督は、試合を続ける条件として、線審の交代を要求しますが、認められるはずもなく、金子鋭コミッショナーがグラウンドへ降りて、「コミッショナーが頭を下げても駄目か」と説得しても応じませんでした。

プロ野球ニュース1978日本シリーズ ヤクルト対阪急 1時間19分の抗議

このままでは日本シリーズ最終戦が没収試合となり、ヤクルトの日本一が決まるという球史に汚点を残してしまいます。

最後は、阪急の球団代表の渓間秀典が上田監督を説得して、試合が再開。

中断時間は1時間19分となり、日本シリーズ史上最長の中断となりました。

この時点で上田監督は、シリーズ後の辞任を決意していたそうです。

大杉VS上田 あの一打を語る

しかし、立派だったのはヤクルトのエース松岡。

これだけの長時間の中断にもかかわらず、コンディションを維持して最後まで投げ切り見事に阪急打線を完封します。

ヤクルトの球団創立29年目で初の日本一を勝ち取りました。

ヤクルト 球団創設以来初の日本一

日本シリーズ終了後に、混乱の責任を取る形で上田監督は退任しました。

 

阪急ブレーブス/2期

勇退後、2年間はNHKの解説者を務めた後、後任の梶本隆夫監督の成績不振により、上田監督復帰の待望論がファンの間で沸き起こります。

その声にこたえる形で、1981年に阪急監督に復帰しました。

しかし、2年間にパ・リーグの勢力図は大きく変化し、恩師・西本幸雄が近鉄を率いてパ・リーグを連覇、そして、1982年から始まる西武の黄金時代へと移っていきます。

年度 順位 引分 勝率
1981 2位 68 58 4 540
1982 4位 62 60 8 508
1983 2位 67 55 8 549
1984 リーグ優勝 75 45 10 625
1985 4位 64 61 5 512
1986 3位 63 57 10 525
1987 2位 64 56 10 533
1988 4位 60 68 2 469

よく上田監督を評して、

3連覇は前監督の西本の遺産。

あの時期の阪急は戦力が充実していて、誰が監督でも勝てた。

2期の優勝こそ1回だけでしたが、西武の黄金期に毎年上位争いをしていたその手腕は、やはり名将の名に恥じないものでした。

特筆すべきは、阪急~オリックスまで通算15年間に渡って指揮して、勝率が5割を割ったことが1度しかないということです。

 

オリックスブルーウェーブ

1988年シーズン終了後、球界に激震が走ります。

名門・阪急ブレーブスが身売り。

オリックスコーポレーションが買収し、阪急ブレーブスはその歴史を閉じることになりました。

その激震の中で、上田は新球団に残って指揮を執ることを要請され、残留。

年度 順位 引分 勝率
1989 2位 72 55 3 567
1990 2位 69 57 4 548

2年連続2位と立派に新球団の立ち上げに貢献し、1990年シーズン終了後に勇退します。

そして、初年度は「ブレーブス」の愛称を残して「オリックス・ブレーブス」としていた球団名は、1990年からは公募により「オリックス・ブルーウエーブ」に決定。

ここに完全に「阪急ブレーブス」が消滅しました。

最後の幕引きまで上田が務めたともいえます。

 

日本ハムファイターズ

解説者としての活動を経て、1995年に前年最下位だった日本ハムファイターズの監督として現場復帰。

年度 順位 引分 勝率
1995 4位 59 68 3 465
1996 2位 68 58 4 540
1997 4位 63 71 1 470
1998 2位 67 65 3 508
1999 5位 60 73 2 451

上田が就任前の11年間で最下位が2回、5位が4回と、どん底だった日本ハムにあって、5年間で2位が2回と健闘するが、ついに優勝はすることができずに、1999年5位に沈み責任を取って辞任。

通算20年に渡る監督生活にピリオドを打った。

その後は解説者・評論家として活動を続け、2003年には野球殿堂入りを果たしました。

昭和の名将、個性派集団をまとめ上げたその手腕を懐かしく思います。

ご冥福をお祈りいたします。

 

球界からの惜しむ声

長池徳士氏

「一番の思い出は日本一になった昭和50(1975)年。阪急を初めて日本一にされた偉大な監督だから、亡くなったことは本当に残念」

山田久志氏

「普段は温厚でも野球になると激しく、熱くなる方だった。最も輝いたのは1975~77年の日本一を果たした時代だと思う。広島を下して球団初の日本一、そして(76年に)初めて巨人を倒し、阪急ブレーブスを球界の勇者に導かれた、まさに名監督だった」

オリックス・星野投手コーチ

「びっくりしている。普段は優しいがユニホームを着たらとても厳しい監督だった。どれだけ打たれても使っていただき、自分を育ててくれた。今の自分があるのは上田監督のおかげだし、感謝の気持ちしかない」

プロゴルファー・尾崎将司選手(徳島・海南高野球部の後輩)

「私の実家は(上田家と)50メートルしか離れておらず、いつも身近な存在だった。宍喰という小さな町の中で大監督と言われるまでになった。優しい方で、私のことも大変応援してくれていた。本当に残念。時の流れを感じる。安らかにお眠りください」

オリックス・宮内義彦オーナー

「大変厳しい指導と知力を尽くした采配でチームを常に優勝争いに導いていただき感謝している。最近はOB会などでお会いする機会もなく、突然の訃報を聞き大変驚いている。長年勝負の世界におられたので、今は安らかにお休みくださいと申し上げたい」

福本豊氏

「体調が良くないことは聞いていた。ここ1年はお会いできていなかった。入団した当時はコーチで、まさに熱血指導の人。監督としては野球というものを常に研究されていた。投手の癖を見抜くなど情報を収集し、アイデアを出し、緻密な阪急の野球をつくりあげた」

加藤秀司打撃コーチ

「私の人生の中心的な人物。上田さんが打撃コーチのときは面倒見が良く、話をよく聞いてくれる兄貴分のような人だった」

佐藤義則投手コーチ

「僕の中では一番の監督。今の自分があるのはあの人のおかげ」「上田さんの野球はしっかりしていて好きだった。残念に思うし、寂しい」

オリックス・福良監督

「一番お世話になった。ユニホームを着ている時は厳しかった。上田さんに『大丈夫やろ』と言われたら『はい』としか言えなかった」

「野球の中での厳しさを教わった。伝統を継いでいく選手をつくらないと」

楽天・梨田昌孝監督

「いろいろ褒めてもらったり、アドバイスを頂いたりした。日本シリーズのヤクルト戦での抗議。あの執念は印象に残っている」

ロッテ・伊東勤監督

「厳しさと勝負への執念を敵ながら感じた。球宴では起用していただき、いい経験をさせてもらった」

日本ハム・栗山英樹監督

深いつながりがあったわけじゃないけども、先輩のおかげで野球をやらせていただいる。恩返しを少しでもしたい。頑張るしかない

金村暁投手コーチ

「『ええで。本当にええで』とベンチで出迎えてくれた。とても厳しい方で練習もきつかったけど、おかげで長い間プレーすることができた」

阪神・片岡篤史打撃コーチ

「肘を壊したとき、厳しく指導していただいて、こうしてユニホームを着られている。裏表のない方だった」

日本ハム・金子誠打撃コーチ

「練習量は今の4倍ぐらい。プロ野球選手としての土台を、心と体の強さをつくってくれた」


PAGE TOP