山本譲二さん両耳が聞こえない!「顔面神経良性腫瘍」で受診すべき名医・河野道宏のいる病院はここ!

「みちのく一人旅」のヒット曲で知られる歌手の山本譲二さんが、2007年ごろから患っていた「顔面神経良性腫瘍」により右耳の聴覚を失い、さらに左耳も聞こえなくなっていることを告白しました。

山本譲二さんの生きざま、その難病について。

さらに、「顔面神経良性腫瘍」で受診すべき名医のいる病院についても詳しく調べてみました。

 

山本 譲二(やまもと じょうじ)

出典:m032-001-music-camp-pr.s3.amazonaws.com
本名 山本譲二
別名 琴五郎(筆名)
生誕 1950年2月1日(2017年6月末現在、67歳)
出身地 山口県下関市
学歴 早鞆高等学校
デビュー 1974年 –
事務所 北島音楽事務所→ジョージ・プロモーション

山本譲二さんは、高校球児にとって憧れの甲子園へ出場したことがあるのはよく知られています。

早鞆高等学校3年生の1967年。

山口県代表として第49回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)に出場。

1回戦で松商学園(長野県代表)に0-3で初戦敗退に終わったが、代打出場としてヒット(内野安打)を放ちました。

夢の舞台に立ち、ヒットまで打つとは、悔いのない高校野球だったでしょうね。

 

高校卒業後、演歌歌手になりたくて上京します。

しかし、デビューすることなく肝臓を壊し帰郷。そして、22歳で再び上京。

職を転々と変えながらスナックで弾き語りを続け、たまたま店に来た浜圭介に誘われ芸能界入りを果たします。

1974年、芸名「伊達春樹」として、「夜霧のあなた」でデビュー。

しかし、残念ながらこの曲、全く売れませんでした。

すがるような気持ちで、北島三郎の仕事場に何度も足を運び弟子入りを志願し、十数回繰り返したときに北島から、鞄を渡され、北島の鞄持ちになりました。

粘り勝ちですね。

2年間、北島の付き人を務め、1976年に、読売テレビ「全日本歌謡選手権」に出場し、「おもいで岬」や「中の島ブルース」などを歌って見事10週勝ち抜きます。

ついに、本名でポニーキャニオンから再デビュー。

しかし、ここでもやっぱり鳴かず飛ばずが続きます。

そんな長い下積みの時代を耐えた山本譲二さんが、ついに陽の目を見たのが1980年。

30歳の時に『みちのくひとり旅』をリリースして大ヒット。

北島からは「この曲で駄目なら、もう諦めろ」と言われ、しかも、ヒットするまでに発売から10ヶ月を要するというギリギリの状態での大ヒットでした。

1981年、ついにゴールデンタイムで、フジテレビ「夜のヒットスタジオ」に注目曲として出演。

演歌スター歌手への仲間入りを果たします。

このとき、山本譲二31歳

デビューから7年の年月が流れていました。

 

『みちのくひとり旅』は、「第23回日本レコード大賞」でロング・セラー賞を受賞。

そして、「第32回NHK紅白歌合戦」に初出場。

今でも北島三郎を親父と慕い、北島ファミリーの旗頭的存在である。

 

耳が聞こえない

山本譲二さんは、2007年ごろから右耳が聞こえにくくなり、2009年5月ごろにはついに右耳が聞こえなくなってしまいます。

当初は、耳の奥の炎症によって水が溜まった中耳炎との診断でした。

しかし、水を抜くための処置をしたところ、そこに水はありませんでした。

CTを撮り、精密検査をした結果、右耳の中耳部分、鼓膜の奥を通っている顔面神経に腫瘍ができていると診断されます。

幸い腫瘍は良性のものだったのですが、直すには手術しかない。

しかし、腫瘍の部位が顔面神経につながっているため、除去するためには、顔面神経を切断し、腫瘍を除去した後に再びつなぎなおす必要があるとのこと。

結果として、99%の確率で顔面神経痛が出ることがわかりました。

ステージで大勢の人たちの前に立つことを考え、手術は回避。

「右の耳は捨てた。左の耳とともに生きていく」と決意します。

結局は、補聴器をつけて聴力を補うことで、歌手活動を続けていくことになります。

しかし、片方の耳が聞こえないというのは非常にストレスになるらしく、つらい毎日だったようです。

 

そして、現在、左耳までも聞こえなくなってしまうという危機に瀕している山本譲二さん。

今後の歌手生活をどのように乗り越えていくのでしょうか。

心から応援したいと思います。

 

顔面神経良性腫瘍

顔面神経を包んでいる膜から発生する良性腫瘍。

極めてまれな疾患で、施設や術者が多くの症例を経験することは難しく、どうしても系統的な治療や計画を立てにくいのが現状です。

手術を行う場合は、術者には小脳橋角部腫瘍や頭蓋底腫瘍の術式の経験が豊富であることとに加えて、神経再建などにも精通していることも必要です。

つまり、術者としての総合力を要求される手術と言えまるようです。

診断は山本譲二さんもそうでしたが、側頭骨CTによって腫瘍の有無を確認します。

手術方法は、腫瘍の分布状況によってさまざまで、

顔面神経を温存した「そぎ取り法」

腫瘍の全摘+顔面神経の再建術

のいずれかになるようです。

「そぎ取り法」は、わずかに顔面神経に腫瘍をつけ残したとしても、腫瘍を顔面神経ごと切り取らない術式になります。

山本譲二さんの場合は、「腫瘍の全摘+顔面神経の再建術」を避けるために手術しなかったということになります。

「そぎ取り法」は腫瘍が大きくなっていると手術することが難しいので、山本譲二さんの場合はそのような状況にあったのではないと思われます。

 

顔面神経温存手術(そぎ取り法)が可能であれば、術前よりも改善させることが平均2年強のフォローアップで確認され、その有用性が証明されているそうです。

一方、「そぎ取り法」ではなく、腫瘍の全摘+顔面神経再建を行えば、必ず一旦は完全な顔面麻痺になり、その後8ヶ月から1年半かかって、徐々に顔面機能が回復します。

ただし、最も良好に回復してもH&B grade 3までにしか回復しないそうです。

H&B grade 3

中等度の麻痺。笑えば明らかに非対称。力を入れれば閉眼可能。

歌手として手術を避けたことは、やむを得なかったのかもしれませんね。

今後はどうなるのでしょうか?

 

「顔面神経良性腫瘍」にかかったときに受診すべき名医

極めてまれな症例ですので、小さな病院ではよほど経験豊富で腕のいいドクターでない限りは対応できないと思われます。

その中でも、脳神経外科の分野で、「顔面神経良性腫瘍」の治療に対しても経験豊富な名医・スーパードクターを紹介します。

河野 道宏 (こうの みちひろ)

出典:plaza.umin.ac.jp
1961年 大阪生まれ。
1980年 神奈川県立湘南高校卒。
1987年 浜松医科大学卒業後、東京大学脳神経外科入局
2004年6月~2013年3月 東京警察病院 脳神経外科部長
東京警察病院 脳卒中センター長
東京警察病院 副院長
2013年4月~ 東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授
東京医科大学病院 脳卒中センター長

河野先生が東京警察病院に勤務されていたころにまとめたものです。

顔面神経鞘腫について

 

河野道宏先生の診断を受けるには【脳神経外科】

東京医科大学病院

東京都新宿区西新宿6-7-1

アクセス JR・小田急線・京王線「新宿駅」西口 徒歩約10分
西武新宿線「西武新宿駅」徒歩約10分
丸ノ内線「西新宿駅」(東京医大病院前)徒歩約1分
都営大江戸線「都庁前駅」徒歩約7分

予約

かかりつけ医に紹介状と画像をご用意いただき、かかりつけ医師から、総合相談・支援センター医療連携担当者へご連絡の上、ご予約をお取りください。

TEL 03-5339-3808
FAX 03-3342-6203

※患者さんご本人からの予約は受け付けておりません。

※お電話での治療相談は受け付けておりません。

 

初診

東京医科大学病院は、高度医療を提供する「特定機能病院(厚生労働省認定)」のため、受診される場合は原則として他の医療機関からの「紹介状(診療情報提供書)」が必要となります。

また、初診時・再診時の選定療養費が必要です。

紹介状なしの初診時 5000円(税抜)
他院紹介後の再診時 2500円(税抜)

電話予約時間

午前 9:00~12:00
午後 1:00~4:00(月~金曜日)

診察時間

平日 午前8時00分から午前11時
※午後の初診は行っていません。
第1,3,5土曜日 午前8時00分から午前11時

休診日
第2,4土曜日・日曜祝日・12月29日~1月3日・4月第三土曜日

出典:hospinfo.tokyo-med.ac.jp

 

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは自由診療ですので、健康保険は使えません。

相談料(30分まで) 16,200円
相談料(60分まで) 21,600円
診断料(画像、病理) 各5,400円

<東京医科大学病院 総合相談・支援センター セカンドオピニオン担当>
電話:03-5339-3808(ダイヤルイン)
平日:8:30~16:30  第1・3・5土曜日:8:30~11:00

 

河野道宏先生が脳神経外科部長をされていた病院

東京警察病院

東京都中野区中野4丁目22-1

アクセス

徒歩 中野駅北口より東京警察病院正門まで10分
中野駅北口より関東バス 「東京警察病院正門前」下車
「東京警察病院北門前」下車
高円寺駅北口より関東バス 「東京警察病院正門前」下車(平日のみ)

駐車場

屋外駐車場(台数・料金) 119台
一般料金 200円/30分
受診者料金 100円/30分

初診

※原則として他の医療機関の紹介状が必要です。

受付時間 8:00~11:30/12:30~16:00
診療時間 8:30~12:00/13:00~16:30
休診日 日曜日・祝日・年末年始 (12/29~1/3)
電話予約 医療連携室:03-5343-5760
11:00~16:00
※電話予約には紹介状が必要です


PAGE TOP