愛華みれ「母の死、婚約、ガン、そして結婚」悪性リンパ腫を治療したのは、がん研有明病院

2017年10月15日

宝塚トップスターの栄光、女優としての順調な生活。

そして婚約。

順風満帆な幸せな生活に突然の悪夢が。

血液のがん「悪性リンパ腫」の闘病生活から、結婚、人との絆に感謝する日々を綴ります。

愛華 みれ(あいか みれ)

出典:horipro.co.jp
本名 森田 裕子(もりた ひろこ)
生年月日 1964年11月29日(2017年6月現在、52歳)
身長 168cm
血液型 O型
愛称 タモ
出身 鹿児島県南大隅町(旧根占町)
高校 鹿児島県立南大隅高等学校
趣味 ドライブ
特技 剣道二段
所属 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

愛華みれさんは、元宝塚歌劇団花組トップスター。

1985年 宝塚歌劇団入団(71期)、花組に配属されます。

『愛あれば命は永遠に』で初舞台を踏み、その後も順調にキャリアを積み重ねていきました。

1999年 『夜明けの序曲』で花組トップスターに!

出典:amazon.co.jp

ちなみに、愛華みれさんの同期にはトップを務めた逸材が多くいました。

当たり年だったのですね。

  • 鮎ゆうきさん(元雪組トップ娘役)
  • 真琴つばささん(元月組トップスター)
  • 轟悠さん(元雪組トップスター)
  • 稔幸さん(元星組トップスター)

 

代表作は

  • 『源氏物語 あさきゆめみし』
  • 『ルートヴィヒⅡ世』
  • 『タンゴ・アルゼンチーノ』
  • 『ザ・レヴュー’99』

華やかな顔立ちと、さわやかな正統派男役として活躍しました。

2001年11月 東京宝塚公演『ミケランジェロ』『VIVA!』を最後に退団。

出典:miller-sports.com

愛華みれ卒業小部屋SPより

退団後は、女優として幅広く活躍し、順調な芸能生活を送っていたのですが。。。

 

悪性リンパ腫との戦い

2008年3月21日 愛華みれさんが、「血液のがん」といわれる「悪性リンパ腫」に罹患していることを所属事務所が公表します。

悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは血液がんの1つで、白血球の中のリンパ球ががん化したものです。

リンパ系の組織や臓器は全身にあるため、全身の部位で発生する可能性があります。

首や腋(わき)の下、足の付け根などリンパ節の多いところに、痛みのないしこりとしてあらわれ、数週から数カ月かけ持続的に増大します。

このような場所に、しこりを見つけたら念のため病院で診断してもらいましょう。

 

2008年2月半ば、妹さんと宝塚の先輩の舞台を見に行った時のこと。

愛華みれさんはネックレスを外そうとしたときに、右の首の付け根、鎖骨近くにしこりがあることに気がついたそうです。

「首にピンポン玉ぐらいのしこりが出てたの。指で押し込んだら引っ込んだし、主演舞台も控えていたから、ほっといたんだけど…」

偶然、悪性リンパ腫を患った友人がいたお兄さんが心配し、病院へ行くが、インフルエンザの流行期でもあり病院が混んでいて、舞台中でもあったので、診察をあきらめて帰宅してしまったとか。

その後、再び診察を受けると「リンパ腫」であるとのこと。

地方公演中で、医師とは電話でのやり取りだったそうで、帰京後に、癌治療では国際最高峰である「癌研有明病院」を紹介され、正式に「悪性リンパ腫」の診断結果が下されたそうです。

そこからは、舞台も降板し、治療に専念する闘病生活が始まります。

 

抗がん剤治療の拒否反応が強く、全身が激痛に襲われたり、副作用で激しい吐き気に見まわれる苦しさを乗り越えて、徐々に回復していきます。

2008年8月6日 新宿コマ劇場での公演『シンデレラtheミュージカル』にて復帰。

しかし、完全な状態での復帰ではなく、7月から稽古に参加したものの、放射線治療を続けながらの舞台となります。

 

本当に舞台に立てるのだろうか?と不安な日々。

そんなとき主治医の有明先生からメールが来たそうです。

『チケット、ゲット!』って(笑)。『主治医がチケット買ったなら、私、大丈夫なんだ』と、急に勇気が出た。

復帰されてから、そのころを思い出して次のように語ります。

「周りの方たちに助けられたんだな、と思います。早くがんを見つけられたこと、そして素晴らしい先生方、病院…と、とんとん拍子に第一級の治療態勢を整えてくださった」

 

愛華みれさんが通った、癌研有明病院は、、癌治療で日本一といわれる病院です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ

癌研有明病院

 

結 婚

愛華みれさんは、2009年1月1日に入籍したことを同日の公式ブログにて公表しました。

1月1日は、亡くなったお母様の誕生日です。

 

旦那さんは都内でスポーツ治療院を開いている一般人の方。

年齢は、愛華みれさんよりも、10歳年下。

 

宝塚時代からの知り合いで、ご家族とも親しくしてきた間柄だそうです。

おつきあいが始まったのはお母様の死後で、2年の交際期間を経て結婚することになりました。

実は、愛華みれさんが、首のしこりに気づいたのは、婚約後、両家のご家族が一堂に集まって身内の顔合わせの日だったそうです。

「病気がわかった時点で、結婚はお断りしようと思いました。

そしたら、『そういうときだからこそ、僕が必要なんじゃないか』と逆に怒られ、入院中に彼のマンションに引越しまでさせられた(笑)。

公演中も、まるでマネージャーみたいに毎日付き添ってくれて。

一緒に病気を乗り越えたから、恋愛を超えた絆が生まれたんだと思う。

あのまま何事もなく流れのままに結婚していたら、少なくとも今の2人ではなかったと思います」

 

愛華みれさんによる旦那さんの評価は

とても頼りになる旦那さん。

とのことです。

いいご夫婦ですね。

 

南大隅町長 森田俊彦氏

愛華みれさんのお兄さんは、なんと政治家!

愛華みれさんの出身地でもある、南大隅町の現役町長さんです。

2009年に初当選し、現在が3期目。

3期連続で当選するということは地元では名士ですね。

任期は平成33年4月23日までです。

出典:tva-kagoshima.jp
生年月日 1959年(昭和34年)4月8日(2017年6月現在、58歳)
党派 無所属
学歴 東海大学卒業
選挙結果 南大隅町長選挙 (2017/04/16) 当選 得票数:3,799.000票
南大隅町長選挙 (2013/04/14) 当選 得票数:3,979.000票
南大隅町長選挙 (2009/04/19) 当選 得票数:4,478.000票

現在の活動

著書

がん闘病記『てげてげ。「良い加減」なガンとの付き合い方』

 

テレビ

テレビ朝日「じゅん散歩」内の通販コーナー 「ものコンシェルジュ」にMCとして出演中!

毎週月曜~金曜 9時55分~10時25分

 

動画

愛華みれ 破天荒な宝塚スター☆ガンを乗り越えて


PAGE TOP